平成25年度総会

 平成25年6月2日(日)梅雨らしい天気のなか、京都ホテルオークラにおいて千久作会総会・パーティーが開催されました。出席者120名。

 

    高橋俊子会長のご挨拶

 本日を持ちまして退任させていただくことになりました。                     これまでの皆様のご助力に感謝申し上げます。今後とも千久作会をよろしくお願いいたします。            (今年度より顧問に就任されることになりました。)

 

                             富田謙三理事長のご祝辞

                            高橋会長お疲れさまでした。来年は110周                           年を迎えます。今後ともよろしくお願いいたし                           ます。

  澤田謙照学園長のご祝辞

 まず藤原弘宣先生はじめ千久作会関係物故者追悼のお十念を一号館が                耐震補強工事で安心安全な建物になりました。歴史ある建物をこれから                も大切に継承していきたいと思います。

 

                           初田泰弘中・高等学校校長のご祝辞

                           去年、卒業生の頑張りと先生がたのおかげで平                          成25年度入学の進学実績が伸びました。

  堀添文子副会長の司会で議事が進行

 平成25年度幹事会報告、平成24年度会務会計報告と                      承認がなされました。また、高橋会長の推薦により広瀬和美さん(第60回卒)が           新会長に就任されました。今年度は役員改選の年に当たっており、                  新会長一任にて役員人事が決定、報告がなされました。

 

 

                               広瀬和美新会長 ご挨拶

                           私が卒業してから、学園は名称が変わり、共学                           となり変化しています。千久作会もこうした変                           化に合わせ、新しいいあり方を模索していきたいと思っています。

講演

 101回卒の千久作会員であり現在、茶道裏千家の宗家一員として茶道文化の浸透発展に努めていらっしゃる千万紀子さんに「生活の中での茶道」という演題で講演していただきました。

 

 

 京都文教高校に入学を決めたのは、環境を変え「水泳」を通して自分を追い込み来てるためでした。『茶道は日本のポータルサイト』という第16代家元の言葉のとおり茶道が日本文化の集約であるという意識をもって、茶道をいっそう世界に広めていきたい。

 

 

パーティー

仁科周朗法人事務局長のかんぱいのご発声でパーティーが始まりました。

懐かしい先生方のお顔もみえ楽しいお食事でした。

 

 

 

 

 そして会を締めるのはやはり校歌斉唱。

 いつもはアカペラですが今年は吹奏楽部演奏のカラオケが流れました。

 

 

     岡謙子副会長の閉会のご挨拶でパーティは終了となりました。

 

 

 平成25年度本部総会&パーティーは盛会裏に終了しました。今回のパーティー開催にご協力いただきました皆様とご出席いただきました皆様に心から感謝申し上げます。

 来年また、お目にかかりたいと思います。