よくある質問

よくある質問

京都文教に寄せられる質問にお答えします!

学校訪問をしたいのですが、オープンキャンパス以外にも可能ですか?
キャンパス見学会・プチキャンパス・個別相談WEEKなどの学校訪問の機会を設けています。これら以外であっても、事前にご連絡をいただければ訪問していただけますのでお気軽にお問い合せください。(入試対策部直通 075-752-6818)
心のケアについて教えてください。
本校では、心の保健室ともいえる「相談ルーム」を設置しています。スクールカウンセラー(臨床心理士)や、本学園設置の京都文教大学大学院臨床心理学研究科の院生が常駐し、きめ細やかに対応しています。
同窓生ですが特別な入試制度はありますか?
同窓生推薦制度があります。これは、祖母・母・兄弟姉妹の方が本校中学高等学校を卒業または在学中の場合に利用できます。こちらからご確認ください。
詳細については入試対策部へお問い合せください。 入試対策部直通 075-752-6818
サポートセンター/bururuコーナーは誰でも利用できるのですか?費用はかかりますか?
サポートセンターの利用は高等学校在校生、bururuコーナーは中学校在校生であれば誰でも利用でき無料です。サポートセンターの利用時間は原則として、平日は午後7時45分まで、土曜日は午後5時までです。bururuコーナーの利用時間は原則として、平日は午後6時まで、土曜日は午後3時までです。

中学について

自転車通学はできますか?
中学生は自宅から最寄りの公共交通機関までの自転車利用が可能です。高校生は自宅から学校までの自転車通学が可能です。ただし学校指定の範囲があります。
土曜日はどのような授業が行われていますか?
1限目から3限目までの普通授業です。午後には希望生徒を対象とした英会話講座「ASEM(アセム)」など、特別授業が組まれています。
体育で武道が必修になったと聞きましたが。
平成24年度より、中学校の体育で武道が必修となりました。本校は男女とも柔道を採用しています。安全性が問われている種目ですが、本校の指導はヘッドギアを装着して行いますので、ご安心ください。
修学旅行はいつ頃どこに行きますか?
中学では、3年生の10月にカナダ(バンクーバー)へ行く予定です。高校では、海外研修か北海道スキー研修の選択制となっています。(社会情勢などにより変更することがあります。)
高校卒業後の進路先を教えてください。
卒業生のほぼ全員が大学・短期大学に進学します。また、関西地域にとどまらず関東地域への進学も増えています。
幼い頃から習い事を続けていて、本人も真面目に取り組んできています。そういった特技を活かした入学試験はありますか?
中学校の入試にのみ自己推薦入試制度があります。これは、多年にわたり何か一つの事に打ち込んで頑張ってきた事を活かす入学試験の制度です。詳細はこちらから。
質問や不明な点は入試対策部へお問い合せください。 入試対策部直通 075-752-6818

高等学校について

自転車通学はできますか?
自宅から学校までの自転車通学が可能です。ただし学校まで40分以内の範囲となります。下図を参考にしてください。
クリックすると拡大します。
土曜日はどのような授業が行われていますか?
1限目から3限目までの普通授業です。進路説明会や修学旅行説明会など、コースや学年ごとの取り組みが放課後に実施されることもあります。また、第5土曜日のみ休日となります。
修学旅行はいつ頃どこに行きますか?
2年生の3月にオーストラリア語学研修か北海道スキー研修の選択となります。(社会情勢により研修場所を変更することがあります。)
中学校でやっておくべきことはありますか?
学習を真面目に取り組むことはもちろんですが、部活動や学級活動にも積極的に取り組んでください。健康管理に気をつけて、遅刻・欠席をせず、明るく楽しい中学校生活を送ってください。
入試の英語リスニング問題について教えてください。
100点満点のうち、10〜15点の配点で出題します。内容は中学校の教科書に出てくるレベルの基礎的なものばかりであり、普段から英語を聞く習慣を身につけておけば十分対応できるものです。音読して学習することをおすすめします。
卒業後の進路先を教えてください。
卒業生のほぼ全員が大学・短期大学に進学します。また、関西地域にとどまらず関東地域への進学も増えています。

ページの先頭へ戻る