TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 理系 > 情報科学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 情報科学部/理系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!
何を学ぶの?
「情報とは何か」を学ぶことによって
これからの社会に必要なものを考えます。
「現代は情報化の時代である」と言われています。たとえば、コンビニエンスストアが24時間便利に使えるのも、銀行に預けたお金がいろいろな場所で引き出せるのも、携帯電話で友だちや家族と会話ができるのも、社会にあふれる情報がコンピュータによって管理され、それぞれに適した働きをしているからです。今や現代社会は、情報によって支えられています。
情報科学部では、社会のすみずみにまで行き渡っている情報について学び、もっと便利な社会を作るにはどう応用すればいいかなど、これからの情報のあり方について考えていきます。また、コンピュータや通信機器に限らず、人間の思考や、経済現象など、さまざまなジャンルの情報について、その仕組みを学習していきます。情報科学は、情報の発達とともに生まれ育った比較的新しい学問なので、社会の動きに応じて、これからもますます発展すると予想されています。

他の学部を見る
医学部 / 歯学部 / 薬学部 / 理学部 / 工学部 / 農・水産学部 / 
総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 体育学部(文系・理系)
文系を見る