TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 理系 > 歯学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 歯学部/理系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!
何を学ぶの?
知識のみならず現場での研修を通して歯科医学を学び
歯科医師となることをめざします。
小さい頃、「甘いものばかり食べていたら虫歯になるよ!」と、お母さんにしかられた経験はありませんか?歯が痛いのと歯医者さんがこわいのとで、泣きながら歯科医院に連れて行かれた記憶のある人も多いのではないでしょうか。歯科と聞くと、このようにどうしても恐ろしいイメージが思い浮かびますが、実は虫歯を治すだけではなく、私たちの口の中の健康を保ち、丈夫な歯を守ってくれる頼もしい味方なのです。
歯学部では、主に歯科医師になるためのカリキュラムが組まれており、歯や口の中の仕組みを学ぶ歯科解剖学や、口の中の病気や治療法を学ぶ口腔病理学といった歯科医学の知識はもちろん、口の中と全身の関係、薬学、医学まで、歯と口の健康を守るために必要な幅広い知識と技術について6年間かけて学びます。また、大学での実習や病院での研修を通して、歯科医師として必要不可欠な診療技術を身につけ、最終的には多くの学生が歯科医師となることをめざします。

他の学部を見る
医学部 / 薬学部 / 理学部 / 工学部 / 農・水産学部 / 情報科学部 / 
総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 体育学部(文系・理系)
文系を見る