京都文教短期大学

取組の内容・計画

初年次教育につながる入学前期間を重視<入学前教育の実施>

入学前の期間を職業観・勤労観を培う基盤づくりの時期とし、入学予定者自身が自己確認に取り組みます。あわせて入学後の学習がスムーズに行えるように基礎学力向上と専門教育について関心を高める課題を提示します。

学生の自主的選択を可能とする体系的な学修計画

正課教育と正課外教育を連携させ、実践的な体験を通して学生自らが自分自身の生活や将来について考え、個性や能力を把握しつつ、将来の進路を選択できるようにカリキュラムを体系的に配置します。習得した様々な知識や技術が、自分の中で有機的に結びついているかどうかを確認できるシステムを構築します。

ステージ別キャリア教育プログラム

入学前、1回生時、2回生時のそれぞれの正課・正課外教育および学生支援活動のすべてが有機的につながる学期別ステージを設定。段階的に就業基礎力が身につく育成プログラムを構築します。最終段階ではインターンシップにおいて、これまでに身につけた就業力を試しながら、社会で求められる実践力を磨きます。

キャリア・ポートフォリオの活用

社会人・職業人としての力(就業力)を学生が主体的に身につけられるように、自らの活動や成果などを記録、分析・評価するためのキャリア・ポートフォリオを活用します。まずは、入学前に行った自己確認の内容の分析から始め、その後、随時、記録と分析・評価を繰り返し、卒業まで継続して学生自身が資質能力の形成を自ら確認していきます。

2年間の流れ

ページの先頭へ戻る