京都文教短期大学

達成目標

1.基礎学力と就業基礎力の向上

正課外教育(学習支援:入学前教育、リメディアル教育)と正課教育(特に初年次教育)の連携により基礎学力(学習力)の向上ならびに就業基礎力の養成を目指します。

2.自己確認と発見 ~学生自身のキャリアデザインを促すキャリア・ポートフォリオの活用(学生の実践)~

入学前から自己確認に結びつく点検(学習習慣調査、社会人キャリア力育成アセスメントなど)を行うことで、学生に自己確認の重要性を理解してもらい、入学後の取組につなげます。キャリア・ポートフォリオの活用は学生自身の実践活動の一つであり、自ら学生生活を記録していくことで知識と経験の積み重ねを目に見えるものとし、容易に振り返ることを可能にします。これにより、学生が学習、キャリア形成の両面において目標の設定や達成、社会的・職業的自立の必要性を自覚するようになることを目指します。

3.中途退学者の低減

就職に対する意識の欠如やモチベーションの低下による中途退学者の低減を目指します。そのため、教職員は、この取組における教育実践において、学生の学習成果についての数値的判断・分析を行うだけでなく、日常の諸活動に関する情報をふまえ学生一人ひとりの問題の質を見極めながら学生に対応していきます。

就業力育成モデル

高校卒業までに身につけた力を土台に、本学で専門知識や就業基礎力を養い、社会での成長へとつなげます。

ページの先頭へ戻る