京都文教大学

Player's Voice

内野手 総合社会学部 3回生

野球を愛する仲間と
勝利をめざして全力を注いでいます。

小学生の頃に野球を始め、高校では甲子園出場も経験しました。大学では野球以外に新しいことを…と考えていましたが、自分が本気になれるものはやっぱり野球しかないと思い入部しました。このチームの魅力は、個性を尊重し合い、最高の力を発揮できる環境です。仲間との絆を深め、人間的にも大きく成長し、走攻守の全てで貢献できる選手になりたいと思っています。目指すは全国制覇! 学びと野球を両立し、毎日が充実しています。

投手 総合社会学部 1回生

自分で考える練習スタイル。
野球ができる喜びを改めて感じています。

高校の先輩と先生の勧めで入部しました。小学校から野球を続けていますが、これまでの野球と違って練習メニューや到達目標はすべて自分で設定するのが京都文教大学のスタイルです。伸び伸びとプレーできるので野球の楽しさを改めて実感しています。また、全国制覇という高い目標に向かって練習に励んでいるので毎日が充実しています。自分の投球はストレートが生命線なので、全国で通用するレベルまで磨き上げてチームに貢献したいと考えています。

補手 総合社会学部 1回生

野球への情熱が再燃。
この仲間と一緒に高みをめざしたい!

「野球は高校まで」と考えていた私でしたが、入学直後に勧誘してくれた先輩たちの明るさに惹かれて入部しました。京都文教大学の軟式野球部では部員が野球を心から楽しみながら、高い目標に向かって練習に励んでいます。その姿に心を打たれ、私ももう一度仲間と一緒に夢を追いかけたいと情熱を燃やすようになりました。将来は教員をめざしているので、勉強と両立しながらがんばります!

内野手 総合社会学部 2回生

自分たちらしい野球で、
最高の勝利をめざす!

軟式野球部で部活と勉強を両立しています。高校までの部活とは違い、学生が主体となって練習メニューやチームの方針などを決め、野球を全力で楽しむことができます。日々の練習では、一人ひとりが自主性や責任感を持ち、個性を尊重し合いながらチーム力を高めています。僕は1 年間キャプテンを務め、仲間と助け合うことや勝利への思いを共有する大切さを学びました。野球の技術を磨くだけでなく、人としても大きく成長できることがこのチームの魅力です。

内野手 総合社会学部 2回生

めざすは全国制覇!
自慢の長打力で、チームに貢献したい。

京都文教大学の軟式野球部の魅力は、選手一人ひとりのスタイルを尊重し、伸び伸びとプレーできるところだと思います。その上で全国制覇という高い目標に向かって一丸となって練習に励んでいます。2015年度の西日本大会では優勝を果たし、確かな手応えを感じました。私の持ち味は長打力なので、大切な場面でチームを勝利に導く一打を放てるように、技術面と精神面を鍛え上げていきたいと考えています。

ページの先頭へ戻る