進路・就職

就職・進路指導の特色

一人ひとりの成長をサポートし、理想の進路へ。

本学のキャリア支援では人間的な成長を重視しています。企業への就職、大学院進学などそれぞれに対応する具体的な対策プログラムも設置し、希望の進路の実現に向けて着実にステップアップできるようサポート体制を整えています。

進路支援プログラム

■ 就職進路課

就職進路課が全力でバックアップ。

京都文教大学生の就職活動や大学院進学などを全面的にバックアップしているのが就職進路課です。各種ガイダンスなどイベントの開催をはじめ、多彩な情報の提供、また個別サポートを行っています。

1.1回生時から始まるキャリア支援プログラム。

希望の進路を実現できるように、入学してすぐにキャリア支援プログラムがスタート。人間的成長をサポートするプログラムや、企業への就職、大学院進学それぞれに対応したプログラムを設けています。

2.多彩なガイダンス、プログラムで充実サポート。

大人数の「就職ガイダンス」(年間11回)から30名程度のゼミ・演習方式で行う小集団プログラム「KBU就職塾」まで各学生に合わせたサポートを実施しています。

3.一人ひとりの活動を個別にサポート。

就職進路課のスタッフが、マンツーマンで進路相談に対応。一人ひとりにあった求人を紹介するほか、エントリーシートや履歴書の添削、模擬面接も選考段階に応じて的確にアドバイスします。

4. Webを活用した就職・進路支援。

インターネットで就職・進学情報を配信。求人情報がすべて掲載されており、学外からでも検索できます。また、各種情報のメール配信、メールを利用した就職・進路相談なども行っています。

京都文教大学だからできるマンツーマンの就職サポート。

京都文教大学は、規模が小さいゆえに、学生同士や学生と教員が密な関係を構築できるのが特長です。私たち職員と学生との距離も近く、就職進路課では、マンツーマンできめ細かな就職サポートを展開しています。就職サポートを実施するにあたって私たちが重視しているのは、就職進路課に気軽に足を運んでもらえるようにすることです。そのためにガイダンスなどでは、できる限りスタッフが講師として学生の前に立ち、顔を覚えてもらうようにしています。また、3回生の秋からは「KBU就職塾」を開催。30名程度の小集団で就職活動のノウハウをレクチャーするなかで、ともに就職戦線を戦っていくための関係づくりに努めています。
就職進路課のスタッフが願うのはただ一つ。学生一人ひとりが満足できる進路を実現することです。社会で活躍できる力を育む教育プログラムが数多く用意された京都文教大学で、ぜひ、なりたい「自分」になってください。私たちは全力でサポートします。

ページTOPへ