進路・就職

インターンシップ

夏休みを中心に、2週間から1ヵ月程度の就業体験を行います。実習先での仕事は、販売・製造・企画・営業・管理・総務・人事など多岐にわたります。大学コンソーシアム京都のプログラムを利用しています。

■ 大学コンソーシアム京都のインターンシップ

京都の大学ならでは。
多種多様なプログラムを提供。


京都地域の大学生とともに企業や行政機関などで夏休みを中心に2週間から1カ月程度の就業体験に取り組みます。1、2回生対象のプログラムや長期プロジェクト型の実習もあります。

インターンシップの流れ
4月

● インターンシップ オリエンテーション

・当該年度のインターンシップ実習を紹介します。
・前年度の実習生の体験談などを交え、インターンシップについて理解します。

5月

● 実習生の募集・選考

・5月~6月にインターンシップの募集毎に選考が行われます。

6月~7月

● 事前学習(職場の)マナー研修など

・事前課題レポートの作成を通じて、実習の目的意識や学習目標を明確にします。
・ビジネスマナー講座で仕事現場に最低限必要なマナーやエチケットを学びます。

8月~9月

● 受入先にてインターンシップ実習

・夏休みに2週間~1ヵ月程度実習します。
(※プログラムによっては3ヵ月~6ヵ月の長期にわたる実習もあります。)
・実習先にて社員と同じ扱いで仕事に取り組みます。
・社員同様の責任と意識が求められます。

10月

● 事後実習

・実習報告レポートの作成を通じて、実習で感じた問題意識、関心、経験をふりかえります。

ページTOPへ