留学生入学選抜【専願】
(募集学科共通)
(2019年4月入学者用)

募集人員

学部 学科/コース 募集人員
前期 後期
総合社会学部 総合社会学科 経済・経営コース 若干名 若干名
メディア・社会心理コース
公共政策コース
観光・地域デザインコース
国際文化コース
臨床心理学部 臨床心理学科 深層心理コース 若干名 若干名
子ども・青年心理コース
医療・福祉心理コース
ビジネス・経営心理コース
教育福祉心理学科 小学校教員養成コース -
保育福祉心理コース -

試験日

選抜制度 試験日 出願期間(最終日当日必着迄) 合格発表日 学納金納付期日
前期 2018年
11月4日(日)
10月15日(月) ~
10月29日(月)
11月10日(土) 12月13日(木)
後期 2019年
3月3日(日)
2月8日(金) ~
2月25日(月)
3月9日(土) 3月22日(金)

試験科目

小論文(50分、100点)
個人又はグループ面接(30分、100点)

出願資格

外国人であって、以下①~④の全ての条件を満たすこと

  • 出願時の在留資格が留学等の長期在留資格である者。
  • 次のア~ウのいずれか一つに該当する者。
    • ア.外国の正規の教育制度に基づく教育機関において、12年の課程(日本における通常の課程による学校教育の期間を含む)を2017年4月1日から2019年3月31日までに卒業(修了)した者または卒業(修了)見込みの者で、外国において最終学年を含め2年以上継続して学校教育を受けている者
    • イ.外国の教育制度に基づく教育機関において、2学年以上継続して学校教育を受け、12年の課程(日本における通常の課程による教育期間を含む)を中途退学し、引き続き日本の高等学校の第3学年に編入学を認められた者で、2019年3月卒業(修了)見込みの者
      (注)
      ・高等学校には中等教育学校の後期課程を含みます。
      ・外国に設置されたものであっても、日本の学校教育法に準拠した教育を実施している学校に在学した者については、その期間は、外国において学校教育を受けたものとみなしません。
    • ウ.外国においてスイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局が授与する国際バカロレア資格、ドイツ連邦共和国の各州において大学入学資格として認められているアビトゥア資格およびフランス共和国において大学入学資格として認められているバカロレア資格を2017年度または2018年度に取得した者で、2019年4月1日現在18歳に達する者
  • 次のア~ウのいずれか一つに該当する者。
    • ア.日本留学試験(日本学生支援機構)の日本語が225点以上のもの
    • イ.在留資格を確認できる書類(住民票など)
    • ウ.日本の大学・短期大学(通信教育課程をのぞく)を卒業または卒業見込みのもの、および大学編入学資格を有する専修学校の専門課程(通信教育課程をのぞく)を修了または修了予定のもの
  • 日本国内の法人が設置する日本語教育機関を修了(見込)の経験を持ち、その日本語教育機関長の推薦を受ける事ができる者
  • 合格した場合、本学への入学を確約できる者(専願)
    ※修了した課程が正規の学校教育であるかどうか、何年の課程であるのかは、それぞれの国の大使館にお問い合わせください。

出願手続

  • (1)出願書類
    • ア.入学志願票(写真貼付、取扱金融機関収納印)/本学所定用紙
    • イ.在留資格を確認できる書類(住民票など)
    • ウ.出願資格②を証明できる書類
      【②-アの場合は以下の2点】
      a.卒業(見込)証明書(外国の教育制度に基づく12年の課程の最終学歴を証明する書類)
      b.成績証明書(外国の教育制度に基づく12年の課程の最終在籍機関が証明する書類)
      【②-イの場合は以下の2点】
      a.調査書(編入学した日本の高等学校が発行するもの)
      b.成績証明書(外国の教育制度を2学年以上継続した事が証明できるもの)
      【②-ウの場合】
      a.資格取得の証明書
    • エ.出願資格③の証明書
    • オ.日本語教育機関長の推薦書/本学所定用紙
    • カ.志望理由書/本学所定用紙
  • (2)出願方法

上記ア~オの書類を同封し、「簡易書留・速達」で出願期間内に郵送してください。
出願期間締切日必着です。

出願書類のお取り寄せ、その他お問い合わせについては、入試センターまでご連絡宜しくお願い致します。

TOPICS

  • 入試要項
  • 入試ガイド
  • 入試過去問題
  • インターネット出願
  • 学費・奨学金
  • 入試Q&A