学部・大学院

臨床心理学部 概要

「こころ」を深く学ぶ2つの学科

臨床心理学科では、臨床心理学を中心に心理学の多様な分野を学び、人のこころと行動に対する理解を深めます。「子ども青年・発達」「医療・福祉」「深層心理」の3つの領域から1つを学びの中心にすえ、専門知識を深める方向性を明確にしていきます。また、精神障がい者などの社会生活に関する支援活動を行う精神保健福祉士(国家資格)の受験資格を取得できます。
教育福祉心理学科には「小学校教員養成コース※」と「保育コース※」を設けています。子どものこころを深く理解して教育を実践できる小学校教員や、保育や福祉の現場で子どもと保護者の気持ちを理解してサポートできる実践力を備えた保育士をめざすことができます。(※2017年4月名称変更予定)

人間の「こころ」や「行動」への理解を深めます。

臨床心理学とは、人の「こころ」や「行動」に関する専門知識をもとに、悩みを抱えている人を支援したり、よりよい教育環境や職場環境を整えるための学問です。本学部では臨床心理学を中心に心理学を幅広く学びながら、他者を理解する力やコミュニケーション能力などを養います。

臨床心理学部をもっとよく知るためのオススメコンテンツ

  • BunkyoNavi
  • BunkyoNavi
  • BunkyoNavi
  • 臨床物語学研究センター
  • 産業メンタルヘルス研究所
ページTOPへ