top › 禹 鍾泰先生(PAGE1) › 禹 鍾泰先生(PAGE2) › 禹 鍾泰先生(PAGE3)

Vol.5 「オペラに人の心を読む」禹先生に文教の院生がインタビューを行ってきました。

Page3

これから臨床心理学を学ぶ人へ

院生:
では最後に、これから臨床心理学を学びたいと思っている人たちに先生からエールをお願いします。
禹:
前に梅原猛先生がこんなことを言ってたのですが、日本には昔から仏教があって、そのお坊さんとかが現代のカウンセラーと呼ばれる人々の役割を果たしてきたではないかと。これは事実で、西洋でも、神父さんとか牧師さんがカウンセラー的な役割を果たしていました。いつの時代、どんなところでもそういう役割を引き受ける人達はいるんですね。
だからカウンセラーはとても必要な仕事であり、やりがいのある仕事です。そしてもう一つは、思春期、青年期の人たちにとっては、自分自身を考える、もっと知ることに臨床心理学は答えられるものが多いと思いますね。ぜひ頑張って、そういう世界に飛び込んでほしいですね。
前のページ次のページインデックスに戻る