紀要『人間学研究』

Vol.10(2009年度)

種別 タイトル 執筆者
巻頭の言葉   鵜飼正樹
論文 Depicting the Life as It Is“Secret-Revealing” in Jhumpa Lahiri’s Interpreter of Maladies
ジュンパ・ラヒリの短編小説集「停電の夜に」に見られる「秘密の打ち明け」という心理
陸 君
論文 アメリカにおけるコマーシャルスピーチと不法行為法―迷惑メールに対応するトレスパスとニューサンス―」 楪博行
論文 ヨーロッパ議会における国政調査権に関する研究(1)
EU成立以前におけるフランス議会の国政調査権について
鈴木國世
研究ノート シンポジウム「東京南部の青春」出席報告-「ならべ読み」の可能性について 西川祐子
研究ノート 「手段」としての集団 —枠・重心・軸からみたグループプロセス— 高橋紀子
公開講演会・
シンポジウム等記録
人間学研究所公開シンポジウム 「鬼の踊りから祈りの踊りへ 大道芸人・ギリヤーク尼ヶ崎 40年の軌跡」 ギリヤーク尼ヶ崎、鵜飼正樹
公開講演会・
シンポジウム等記録
「チベット医学ワークショップ」 ニダ・チェナクツァン、永澤 哲
公開講演会・
シンポジウム等記録
「能における狂ひの美学」
―実演とワークショップを通した体感―
辰巳満次郎、秋田 巌
エッセイ 能に想う 中島貴子
共同研究班研究報告 日・中・英の諺による異文化の比較研究 永野貴子・陸君
共同研究班研究報告 福祉に生かす代替療法 濱野清志・馬場雄司
共同研究班研究報告 個人の思想形成と蔵書の研究 鵜飼正樹・高石浩一
人間学研究所事業報告(2009年度)    
編集後記   高石浩一