大学の紹介

文部科学省平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に連携校として採択

京都文教大学は平成24年度文部科学省が実施する「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に滋賀県・京都府・奈良県の16大学のグループで申請し、採択されました。
これは、16大学と地元の企業や経済団体、地域の団体や自治体とが産学協働のための連携会議を設置し、地域産業界のニーズに対応した人材の育成の充実を図る取組として、平成26年度まで国が支援する事業です。

◆ 滋京奈地域産学協働連携協議会

取組名称 滋京奈地区を中心とした地域社会の発展を担う人材育成
連携校名
(16大学)
◆幹事校:京都産業大学
滋賀大学、奈良女子大学、滋賀県立大学、京都府立大学、奈良県立大学、聖泉大学、長浜バイオ大学、京都外国語大学、京都学園大学、京都ノートルダム女子大学、京都文教大学、龍谷大学、帝塚山大学、天理大学、奈良佐保短期大学
連携団体 滋賀経済産業協会、滋賀県中小企業家同友会、京都経営者協会、京都商工会議所、京都経済同友会、奈良経済産業協会、奈良商工会議所
広域推進団体 近畿経済産業局、関西経済連合会、関西広域連合

取組の目的

グループを作る滋京奈地域の大学で課題となっている大学教育改善に対応し、地域社会の発展を担う人材を育成するために産業界等と大学グループとで相乗効果を狙った連携体制を組み、教育改善、体制整備をすることを目的としています。また、大学グループで共通する課題をもとに4つの取組テーマで部会を設定しています。

京都文教大学はその中でも下記3つの部会に所属し、取組を推進しています。

◆ 大学グループにおける取組テーマの内容

テーマ部会A 地域連携における発展型インターンシップ 京都文教大学、京都外国語大学、京都産業大学、龍谷大学、天理大学、奈良県立大学
テーマ部会B PBLを契機とした主体的な学びの確立 京都文教大学、滋賀大学、長浜バイオ大学、聖泉大学、京都産業大学、京都ノートルダム女子大学
テーマ部会C キャリア形成カリキュラムの質的改善 奈良女子大学、京都府立大学、京都学園大学、京都ノートルダム女子大学、奈良県立大学、帝塚山大学、天理大学
テーマ部会D 産業界等との連携ならびに実施推進体制 京都文教大学、京都産業大学、滋賀大学、滋賀県立大学、聖泉大学、京都外国語大学、奈良女子大学、奈良佐保短期大学

滋京奈地域産学協働連携協議会フィードバック体制

滋京奈地域産学協働連携協議会が評価主体となり、産業界等と大学双方の観点から客観的に評価できる体制を構築しています。

◆ 評価体制

  • (1) 京都文教大学が年度末に自校の取組について自己評価し、評価結果を連携大学と共有し、翌年度の更なる教育改善・充実に役立てます。
  • (2) 年度末に実施する京都文教大学自校の評価結果を所属している各部会でも共有し、翌年度の更なる教育改善・充実に役立てます。
  • (3) この事業の実施効果については、平成25年9月に中間評価を実施し、今後の連携体制に役立てると共に、事業終了後にも評価を実施し、産業界ニーズに対応した教育体制の更なる改善や充実につなげていきます。
ページTOPへ