あーゆす18号4-2頁

「京都文教大学の100冊」の選定と書評コンテストを実施

昨年4月に京都文教大学FD委員会および図書館委員会において、本学学生が読むべき教養図書(文学、自然科学などの古典、専門分野への入門書など)として「京都文教大学の100冊」を選定することになりました。この100冊を選ぶに当たって、本学の学生が4年間にぜひ読んでほしい図書はなにかというアンケートを教職員に実施しました。このアンケートをもとに推薦の図書を集約し、両委員会の協議を経て、6月下旬に「京都文教大学の100冊」を選定しました。

そして、図書館の閲覧室に100冊のコーナーを設置し、ホームページ等で学生に広報しました。

さらに、この「京都文教大学の100冊」を学生のみなさんに浸透させ、読書をうながすために書評コンテストを実施しました。実施スケジュールは、7月24日書評募集告知、10月5日作品応募締切、10月10日〜10月25日作品公開と投票、指月祭で表彰することになりました。募集内容は、書評対象図書「京都文教大学の100冊」、字数500字で、オリジナル・未発表のものに限りました。選考は、応募書評を書評委員会で選定し、ホームページで公開した上で京都文教大学の学生および教職員の投票により入賞作品を決定しました。表彰は、最優秀賞1点、佳作1点となりました。応募作品数は、6点で、投票の結果次のようになりました。最優秀賞は、臨床心理学科4回生嶌田裕子さん、佳作は臨床心理学科4回生森本美知子さんが選ばれました。表彰は、11月3日(土)、指月祭のメインステージで行われ、FD委員長の森谷寛之先生より、賞状、賞品がお二人に授与されました。

戻る

京都文教大学図書館 京都文教短期大学図書館
〒611-0041 京都府宇治市槙島町千足80番地

Design Concept by MoogaOne