センター紹介

地域協働研究教育センターとは

地域協働による地域まるごと
「ともいき(共生)キャンパス」の創造

京都文教大学は京都府南部地域に本拠を置く唯一の大学として平成8年に開学し、一貫して仏教精神に基づく人間教育を標榜してきました。
建学の理念である「四弘誓願(しぐせいがん)」の教えに従い、『地域社会、市民に広く「開かれた大学」を実現すること』をめざし、今日まで研究教育・社会貢献を推進してきました。
「四弘誓願」とは、「自利即利他(他者を幸せにすることを自らの幸せとする)」、すなわち「自己と他者との生かし合い:ともいき(共生)」をめざす誓いであり、大学の地域志向活動では、地域に役立つことを自らの幸せと考え、地域に暮らす多様な人々とのともいきの実現のために、日々の研究教育に精進することが重要と捉えています。
上記の目的を遂行するため、地域における本学の教育、研究、社会貢献を一体化し、地域・学生・教職員を巻き込んだ総合的な取組を推進し、その成果を本学の教育活動や地域の発展に還元、寄与することを目的として平成26年4月1日「地域協働研究教育センター」を設立しました。
当センターは、全学的な組織として学部と連携し、学部の専門性を生かした「地域ヒューマンケア(臨床心理学部)」「地域ソーシャルマネジメント(総合社会学部)」を一体的に展開し、学生への実践教育の場の提供、地域人材や専門家・専門職との共同研究の推進、生涯学習機会やリカレント教育の拡充など、これまでの教育や社会貢献に継続性を持たせ、あらたに地域を志向した活動を発展させています。

センター長あいさつ

地域協働研究教育センター長 森 正美

本センターは、京都文教大学がこれまで取組んできた「地域で学び、地域で育てる」教育と、「宇治、そして京都に京都文教があってよかった」と地域から愛され、信頼される大学を目指す地域連携活動の、より一層の推進と質の向上を、全学一体となって進めるために設立されました。
臨床心理学部、総合社会学部という、小規模大学ながらユニークで総合性を有した特色ある学問領域を生かし、これまで通り地道で継続的な手法を大切にするとともに、ますます複雑化する社会課題に応えることのできる質の高い「研究」「教育」「社会貢献」を実現する多彩な事業を展開する所存です。
本センターの名称に用いている「協働」には、地域との「連携」という連絡・協力関係からさらに踏み込む強い意志と願いを込めています。住民、行政、企業、各種団体、大学など、多世代・多国籍・多様な立場や考えの人々が集い、知恵を合わせる。それぞれの長所を結びつけ、短所を補い合うことで、待ったなしの地域課題や将来の地域社会を担う人材を育成するミッションに取組み、共に暮らせる地域・社会を創造する「共生(ともいき)キャンパス」の結節点となるセンター活動を目指してまいります。
一人ひとりは微力でも、協働することで実現可能なことも増えるはずです。どうぞお気軽に各種共同研究、講座、事業に参加していただき、チームの一員として力を合わせて「ともいき(共生)の地(知)の拠点づくり」を実現していきましょう。

所員紹介

森 正美 地域協働研究教育センター長・総合社会学部総合社会学科教授
橋本 和也 総合社会学部総合社会学科教授
馬場 雄司 総合社会学部総合社会学科教授
小林 大祐 総合社会学部総合社会学科講師
松田 美枝 臨床心理学部臨床心理学科講師
松本 寿弥 臨床心理学部臨床心理学科講師
橋本 祥夫 臨床心理学部教育福祉心理学科准教授

専任研究員紹介

地域活動に取り組む「人」のあり方について考えます。

石田 浩基

研究テーマ:まちづくり、環境教育

地域課題の解決やまちづくりについて考える際、それらに取り組む「人」の存在なくして考えることはできません。では、それらに貢献する人材を増やすにはどうすれば良いのか、というのが私の研究テーマです。
人口減少や働き方の変化、新技術の進歩など、社会が大きく移り変わることが予想される今後の社会において、特に若い世代が躍進するためには、どのような人材育成や社会環境が望ましいのか、研究していきます。
また、実際の地域活動の現場から、人や組織などのアクターが社会にどのような影響や効果を与えるのか、合わせて研究していきます。