訪問者別メニュー

学科紹介

幼児教育学科

幼児教育学科

子どもが大好きという気持ちを大切に、
幼児教育のプロをめざそう。

子どもの成長と自立を見守り、個性を引き出せる保育者を育成します。豊かな人間性を育むことを重視し、「身体」「言葉」「文章」「音楽」「造形」など表現力や感性を磨く学びを展開。また、子どもやお母さんとふれあう学習の機会を豊富に用意しています。

進路

多くの卒業生が幼稚園や保育園の先生に。

例えば…

●子どもたちや保護者から信頼される幼稚園や保育園の先生に。
●地域の子育て支援活動に関わるスタッフに。

資格

  • 幼稚園教諭二種免許
    幼稚園は文部科学省が管轄している教育施設のひとつで、幼児教育の専門家=幼稚園の先生になるために必要な免許です。3歳以上の幼児を対象とし、幅広い知識・技術や豊かな指導力・コミュニケーション能力が求められます。
  • 保育士
    保育所や児童福祉等の施設で、入所者を養護または保育(ケア)する専門職の資格です。確かな保育力と子どもの心を理解できる資質、包容力豊かな人間性が求められます。
  • こども音楽療育士
    児童福祉施設などで、心身に何らかの障がいのある子どもたちに、音楽を通した発達的な援助を行うための資格です。音楽療育に必要な専門知識と技能を備えることが求められます。

*免許・資格を取得するには、所定の要件を満たすことが条件となります。

インタビュー

子どもの発達を支えるためには、
自分自身も成長させることが大切です。

幼児教育学科 教員 張 貞京

子どもが好き、一緒に成長したいと思える人に学んで欲しいですね。苦手なことがあっても大丈夫。授業では、一緒に学ぶ仲間たちの発表を見て、自分とは異なる視点や表現方法を学べる機会がたくさんあります。向上心のある人ならきっと素敵な保育者になれますよ。

言葉や音楽、リズムなど
授業で学んだ表現技術を保育現場で活かせました。

幼児教育学科 京都府立西城陽高校出身

学内での模擬保育に力を注いだことで、実際の幼稚園実習でも自由奔放な子どもたちに臨機応変に対応することができました。実習最終日には別れを惜しんで泣く子どもたちの姿に感激し、保育者の仕事の魅力をあらためて実感! 信頼関係を築けたことが大きな自信になりました。

ページの先頭へ戻る

関連リンク