京都文教短期大学附属家政城陽幼稚園

京都文教短期大学附属家政城陽幼稚園
〒610-0102城陽市久世下大谷6
電話(0774)52-1542/FAX(0774)55-6110

11

精進努力(しょうじんどりょく)

この言葉は、文字通り一生懸命に頑張るという意味です。人は何かの物事を学ぶ時一生懸命に取り組むことに意義があると思うのです。一生懸命に取り組み、成功すれば達成感も得られますし、自信にも繋がります。また、失敗からも学ぶこともあるでしょう。しかし、途中で投げ出してしまったり、いい加減に取り組んだりでは、得られるものも少なくなってしまうと思うのです。
頑張りを認めることで、子ども達はやる気を出します。そして、努力をしてできたことは、次への大きな自信へと繋がっていくでしょう。

■3歳児

  • ☆気の合う友だちと遊べるが、後から遊びに寄ってきた友だちを仲間に入れない姿もみられ、遊具の取り合い、順番、交代をめぐってのトラブルが多い。
  • ☆いろいろな素材を切ったり、貼ったり、ちぎったり、丸めたりしながら表現活動を楽しむ。

■4歳児

  • ☆作品展での造形活動がきっかけで、ものを造ったり、絵を描いたりする事への興味が深まり、遊びに必要な物を工夫して造ろうとする事が増える。
  • ☆自分のやりたい遊びがはっきりしてきて、同じ遊びに関心のある友だちとグループを作って遊ぶようになる。しかし、意見の違いからのトラブルが多い。
  • ☆木の実、木の葉を拾ったり、集めたり、また、それらを利用して楽しく遊ぶ。

■5歳児

  • ☆友だち同士の関係が深まり、遊びを通して友だちのよさやいろいろな点に気づくようになる。その中で、個々が意見を出し合いながら活動を進めようとする姿がみられるが、一方では自分の主張を通そうとして、意見の衝突が起こる場合もある。
  • ☆作品展に向けて、造形活動が活発になりいろいろな材料を使って物を造る事を喜ぶ。
  • ☆戸外遊びを通して、自然の変化や季節の移り変りに関心を持つ。

■3歳児

  • ☆色々な素材を使って、物を作ったり、絵を描いたり、表現活動を楽しむ。
  • ☆戸外で元気に遊び、友だちとのかかわりを深める。

■4歳児

  • ☆身近にある材料を利用して、物を作ったり、絵を描いたり、表現する事を楽しむ。
  • ☆友だちとのかかわりを楽しみ、決まりを作ったりして遊ぶ。
  • ☆身近な秋の自然に触れながら、季節感を十分に味わう。

■5歳児

  • ☆友だち同士互いの考えやイメージを出し合い、受け入れながら遊びを進め、共通の目的に向かって力を合わせ、活動する喜びや満足感を味わう。
  • ☆自分の考えた事を工夫して表現する事を楽しむ。
  • ☆秋の自然に触れ、その美しさや季節の変化を感じる。