学部・大学院

大学院 臨床心理学研究科 インタビュー

研究科長インタビュー

臨床心理学研究科長 濱野清志

2018年度からいよいよ国家資格として成立した公認心理師の養成が正式に始まります。学部での教育に専門職としての基礎教育の足場を置いた公認心理師は、大学院ではそれを実践につなげる充実した臨床能力の養成に重点が置かれます。京都文教大学は臨床心理士を養成する私立の大学院としてこれまでずっと日本の心理臨床をリードする位置を歩んできました。言うまでもありませんが、本研究科は公認心理師の教育訓練にも十分に対応できる実践教育を備えています。
本学ではこれまでも、ベーシックな心理臨床の素養を培い、ユング心理学、精神分析、多様な表現法を活用したアートセラピーなどの個性豊かな臨床の視点を通して医療現場をはじめ、学校、福祉、発達、子育て、司法、産業、被害者・被災者支援などさまざまな領域で活躍できる臨床心理士を育ててきました。これからも、ここに公認心理師養成も加え、大学院教育をさらに発展させ、日本の心理職を常にリードする大学院であろうとしています。より高度な心理専門職を目指す人に、ぜひとも本大学院を受験していただきたいと考えています。

大学院生インタビュー

(プロフィールは2017年4月時点のものです)

「祖父母と孫」の関係性を研究し
高齢者の肉体的・精神的な健康に貢献したい。

家族関係において祖父母が孫との関わりを持つことで、心理的・身体的によい影響があることは、多くの先行研究で明らかになっています。私はこの「関わり」が、会話することや同じ空間で過ごすといった物理的な距離の問題ではなく、「相手を思う気持ち」という心理的作用にあるのではないかと考えています。高齢者の方へのインタビューを通して「孫が生まれた時の感情」「現在の孫に対する感情」「一般的な若者(10~30代)に対するイメージ」を調査し、祖父母と孫の心理的なつながりと肉体的・精神的な健康の関連性を明らかにしていきたいと思っています。日本は4人に1人が高齢者という超高齢社会です。将来的には、高齢者が肉体的・精神的に健康に生きるための支援に、この研究成果を活かすことができれば嬉しいです。

● 平澤さんの1週間
月曜日 午前中はのんびり過ごし、午後から心理臨床センターでのカウンセリングを担当します。
火曜日 精神科領域の実習。デイケアの患者さんとお話するほか、心理に関するプログラムにも参加。
水曜日 終日授業。ゼミやカンファレンスで、カウンセリング事例や実習での体験などについて検討。
木曜日 午前は学部生の授業のティーチングアシスタントを務め、午後は児童相談所でのアルバイトへ。
金曜日 午前は学部生の授業のティーチングアシスタント。午後はスーパーヴィジョンや講義を受講。
土曜日 午前中は自分の研究やカウンセリングの準備。心理臨床センターでのカウンセリングを担当。
日曜日 休日はのんびり過ごしたり、趣味の時間を満喫。自然と触れ合う山登りもリラックスの時間に。

自分の「秘密」が知らないうちに広められている
「アウティング」によって傷つく人を支えたい。

LGBTをはじめとしたセクシュアル・マイノリティの話題は、近年メディアなどで取り上げられることが増えています。しかし、社会ではまだ理解されないことも多く、セクシュアル・マイノリティであることを公言していない人や、親しい友人・家族などにしか伝えていない人も多くいます。そうした「秘密」を当事者の了解なしに他者が広めてしまう「アウティング」によって傷ついている人は少なくありません。私は、このアウティングの経験が感情やコミュニケーションに及ぼす影響に焦点を当てて研究しています。セクシュアル・マイノリティの方の心理に関する先行研究は少なく、アウティングについての研究もまだありません。こうした現代的な新しい分野の研究に積極的に取り組めることも、この臨床心理学研究科の魅力だと思います。

● 小池さんの1週間
月曜日 小学校の相談サポーターのアルバイトへ行きます。夕方から大学で自分の研究に取り組むことも。
火曜日 午前はスーパーヴィジョンで自分の担当ケースのアドバイスを相談。午後は大学院の授業を受講。
水曜日 1限目から授業があり、空き時間はティーチングアシスタントを担当。ゼミなどもある忙しい1日です。
木曜日 学外実習で病院へ。診察・診療の陪席などを通して心理臨床の現場で必要なスキルを磨きます。
金曜日 2限目から6限目まで授業。空き時間は、課題や研究計画に取り組み、勉強会などにも参加します。
土曜日 午前はカウンセリングに向けて準備を整え、午後から心理臨床センターでカウンセリングを担当。
日曜日 休日は、趣味の料理やお菓子作りをするほか、海外の旅番組やクラシックバレエのDVDを鑑賞。

うつ症状の方が経験する
「暗闇体験」の理解をめざして。

うつ症状の方が経験する「暗闇体験」の理解をテーマに研究しています。不快なことがあり気持ちが落ち込むと、体が重く感じ、目線が下がり、暗闇の中で息苦しいような感覚になることがあります。これはうつ症状の暗闇体験の一例です。私はこうした「現象」と「感覚」の関係の基礎が、乳幼児期の成長と心の形成の過程にあるのではないかと考えています。赤ちゃんがうつ伏せ(息がしにくい)状態から顔をあげる(息を吸う)行動は、「闇」から「光」を感じる原初的な営みと言えます。人間は首も座らない未熟な状態で生まれ、身体機能の発達とともに「闇=不快」「光=快」の感覚を獲得していきます。つまり「闇」は人間誰もが持つ感覚であり、その形成過程を詳しく知ることで、うつ病を理解する手がかりになると考えています。

● 田中さんの1週間
月曜日 午前中はスーパーヴィジョンへ。午後からは大学院で論文研究やプレイセラピーなどに取り組みます。
火曜日 午前中から自分の研究に集中。授業は3限目の「心理査定」のみ。夕方は学内開催の気功に参加。
水曜日 午前中は授業と学部生の授業のティーチングアシスタントへ。午後からはゼミなどに出席。
木曜日 午前中は病院での実習に取り組み、午後は自律訓練法やカンファレンスに参加します。
金曜日 ティーチングアシスタントや大学院の授業、カウンセリングを務めます。夕方は合気道の指導へ。
土曜日 自分の研究のデータを整理するほか、研究会がある時は積極的に参加。夕方は合気道の稽古へ。
日曜日 合気道の稽古やカフェでの読書、買い物、友人との食事など、自由な時間を楽しみます。

社会人入試で入学した大学院生のインタビュー

「発達障害」を理解するためのアプローチと
適切な支援のあり方を考える。

京都市役所の保育課などで保育士として、25年間務めてきました。乳児院や保育所のほか、発達障害者支援センターでの療育プログラムや地域の子育て支援にも携わりました。そのなかで心理学に興味を持つようになり、退職を機に心理学の勉強を始めました。現在は、仕事の中でも関わりの深かった「発達障害の子どもへの理解」をテーマに研究しています。特に、自閉症やコミュニケーション障害を持つ子どもたちの療育プログラム「TEACCH」と「プレイセラピー」のアプローチの違いに興味があり、それぞれのアプローチを教育や保育の現場で活かすことができないかと考えています。より多くの人が発達障害への理解を深めていけるよう、「適切な支援のあり方とは? それに先立つ理解とは?」などを追究していきたいと思っています。

● 社会人入試で受験した四方さんの大学院入学までのステップ
STEP1 退職後、心理学を勉強
短期大学卒業後、京都市の保育士として児童福祉センターの乳児院や保育所などで勤務。退職後、放送大学で心理学の勉強を開始。
STEP2 大学院進学を決意
心理学を学んでいくなかで「もっと学びたい」という気持ちが強くなり、放送大学3年次に編入して大学院進学を目指すように。
STEP3 大学の勉強と受験準備
放送大学で京都文教大学の先生の情熱ある授業が印象的だったので、京都文教大学大学院を目指すことにし、過去問などの資料を請求。
STEP4 合格
空き時間には積極的に過去問に挑戦。主婦としての役割に追われながらも、放送大学の勉強と受験勉強をこなし、秋期入試で合格。
ページTOPへ