学部・大学院

総合社会学部 コース紹介

経済・経営コース

経済学と経営学の知識を中心に、社会を動かす「企業」「お金」「組織」「仕事」について学んでいきます。また、自ら新しいビジネスを立ち上げるための「起業家精神」を育成することを目標に、多くのケーススタディ(ビジネスの事例)を取り上げます。企業でのインターンシップや地域活性化活動への参加を通じて、実社会で求められるコミュニケーション能力、実務能力、問題解決能力を身につけ、就職活動の「結果」へとつなげます。

4年間の学び方
【1回生】初歩的な知識やスキルを養う。

少人数制の「初年次演習」の授業で、調査やレポート作成のポイント、プレゼンテーションやディスカッションの方法など大学の授業で必要となる学び方をしっかりと身につけます。同時に経済学と経営学の基礎知識を学び、2回生以降の専門的な学びに備えます。

主な科目:●初年次演習 ●総合社会学基礎演習 ●総合社会学入門Ⅰ・Ⅱ ●経済学概論 ●経営学概論 ●書く技法 など

【2回生】経済学と経営学の基礎を学習。

経済社会を国際社会や国家といった大きな視点からとらえる「マクロ経済学」と、企業や個人の経済活動に主眼をおいた「ミクロ経済学」。この2つの経済学の基礎理論や、簿記、マーケティング、企業戦略といった経営学の基礎理論を学ぶ授業を履修します。

主な科目:●マクロ経済学 ●ミクロ経済学 ●金融論Ⅰ ●簿記論 ●マーケティング基礎 ●経営戦略論 など

【3回生】ソーシャルビジネスや金融を学ぶ。

経済学、経営学の専門知識を活用し、社会的な問題をビジネスで解決するソーシャル・ビジネスの手法を身につけます。また各自の将来の進路を見据えながら、インターンシップやエクスターンシップなど実践的な学びを展開します

主な科目:●ソーシャル・ビジネス論 ●金融論Ⅱ ●人材マネジメント論 ●開発経済論 ●国際金融論 ●NPO論 など

【4回生】各自のテーマで卒業研究を。

少人数の学生が各自のテーマについて議論を交わして理解を深めていく「総合社会学演習」の授業を中心に、卒業研究に取り組みます。関心を持ったトピックを選び、経済学・経営学の専門知識を用いて分析を行います。

主な科目:●総合社会学演習 ●卒業論文 ●社会人基礎演習 など

進路の方向性

・一般企業(金融業、製造業、サービス業など)
・経営コンサルタント
・経営者
・事業プランナー
・シンクタンク
・ファイナンシャル・プランナー
・NPO/NGO
・教員
・大学院 ほか

ページTOPへ