学部・大学院

総合社会学部 コース紹介

国際文化コース

文化人類学や国際関係を専門とする教員が多く在籍する本学の特色を活かして、国内・海外の調査地に足を運んで一定期間現地で過ごしながら調査を行う「フィールドワーク」を重視した学びに取り組みます。興味のある国・地域の歴史、社会、生活、文化を理解し、そこで得た知識を新たな情報として発信できる力を培います。世界各国の文化を学び、日本文化への理解も深めていきます。調査に必要な英語や中国語などの習得も可能です。

4年間の学び方
【1回生】文化を研究する手法を学ぶ。

世界各地の文化を学び日本の文化を発信するための基礎的な知識や理論を学びます。演習では資料収集・分析、レポート作成・プレゼンテーションの基礎を学習し、現地に飛び込んで人々と交流しながら現場を考える文化人類学のフィールド調査法を身につけます。

主な科目:●初年次演習 ●総合社会学基礎演習 ●総合社会学とキャリア構築 ●人類学概論 ●フィールド調査法 ●地域研究概論 など

【2回生】専門科目で国際関係と日本文化に強くなる。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、日本など各地の社会・文化研究を専門とする教員の指導の下で、国際関係や自分の関心のある地域とテーマについて専門的に学んでいきます。希望者は国内や海外でフィールドワークを体験することもできます。

主な科目:●総合社会学実習 ●アジア地域論 ●欧米地域論 ●日本社会論 ●国際教育論 ●環境社会学 など

【3回生】専門の学びを深めて実践力と結びつける。

グローバル化が進む中で期待されるのは、国際的な視野に立ち、時代をつかむ力とコミュニケーション力を持った人材です。専門的な知識を深め、文化資源を活用した地域活動やインターンシップ体験を通して、充実したキャリア構築をめざします。

主な科目:●多文化共生論 ●グローバリゼーション論 ●世界の食と農 ●考古学 ●日本地域研究 ●中東・アフリカ地域研究 など

【4回生】日本と世界をつなぐ即戦力をめざす。

専門分野の学びと自分自身の問題意識に基づいて卒業論文のテーマを設定。専門研究のまとめに取り組みながら、現場体験で鍛えた人と人とを結ぶコーディネート力、コミュニケーション力、フィールド調査力を活かして、希望の進路にチャレンジしてください。

主な科目:●総合社会学演習 ●卒業論文 ●社会人基礎演習 など

進路の方向性

・一般企業(教育業、旅行業、貿易業など)
・教員
・企業(現地駐在員)
・ツアーコンダクター
・海外開発コンサルタント
・NGO/NPO
・大学院 ほか

ページTOPへ