大学の紹介

客員教授紹介

さまざまな分野で活躍されている方を客員教授に招き、 社会への情報発信や学びの高度化に力を注いでいます。

本学では、臨床心理学部の客員教授に平田オリザ氏、桐竹勘十郎氏、中村獅童氏、鏡リュウジ氏を招聘し、「日本で唯一の臨床心理学部を持つ大学」として「日本的心理療法における新たな情報発信拠点」になることをめざします。
また、総合社会学部の客員教授には世界的なスポーツの祭典やワールドカップなどを経験した釜本邦茂氏を招聘。世界の人々と協働して社会を動かしていける力を備えた人材の育成に取り組んでいます。

■ 平田オリザ氏

●Profile

劇作家・演出家・青年団主宰。
こまばアゴラ劇場支配人。
1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。
1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。
1998年『月の岬』で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞、最優秀作品賞受賞。2002年『上野動物園再々々 襲撃』(脚本・構成・演出)で第9回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。2002年『芸術立国論』(集英社新書)で、 AICT評論家賞受賞。2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日 舞台芸術賞グランプリ受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。2011年フランス国文化省よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ受勲。
東京藝術大学社会連携センター特任教授(2014年4月1日より)、大阪大学客員教授、四国学院大学学 長特別補佐、(公財)舞台芸術財団演劇人会議理事長、埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみマネージャー、日本劇作家協会副会長、日本演劇学会理事、(財)地域創造理事。

▽平成25年11月14日、京都文教大学で平田オリザ氏の特別講演会を開催しました。
シリーズ日本の心理療法背景編 演劇と物語、そして人間「わかりあえないことから」

■ 桐竹勘十郎氏

●Profile

昭和28年(1953年)3月1日大阪生まれ。
昭和42年7月、文楽協会人形部研究生となる。三世吉田簑助に師事、吉田簑太郎を名乗る。
昭和43年4月、文楽協会技芸員となる。初役は「壇浦兜軍記・阿古屋琴責」の水奴。
平成15年4月、亡父の名跡を継いで三世桐竹勘十郎を襲名披露。
平成20年、紫綬褒章受賞。
平成24年、大阪文化賞受賞。

▽平成24年10月3日、京都文教大学で桐竹勘十郎氏の特別講演会を開催しました。
シリーズ 日本の心理療法 背景編 古典芸能と日本的精神性「文楽における日本的精神性」

■ 中村獅童氏

●Profile

昭和47年(1972年)9月14日東京生まれ。
祖父は昭和の名女形と謳われた三世中村時蔵。父はその三男・三喜雄。
叔父に映画俳優・初代萬屋錦之助、中村嘉葎雄。
従兄は、中村歌六、中村時蔵、中村又五郎、中村錦之介。
昭和55年、8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏み、二代目中村獅童襲名。
現在、NHKEテレ「歴史にドキリ」出演中。

▽平成24年8月5日、京都文教大学で中村獅童氏の特別講演会を開催しました。
シリーズ 日本の心理療法 背景編 古典芸能と日本的精神性「歌舞伎のこころ」

■ 釜本邦茂氏

●Profile

昭和19年(1944年)4月15日、京都生まれ。
日本リーグ通算202得点。昭和43年(1968年)メキシコオリンピックでは7得点をマークし同大会の得点王となり日本チームの銅メダル獲得に貢献した。代表チームでの国際Aマッチ75得点は歴代一位。
平成7年、参議院議員に当選。平成10年から平成20年7月まで財団法人日本サッカー協会の副会長を務める。

▽京都文教大学女子サッカー部のアドバイザーを兼任。
関西学生女子サッカーリーグ1部で活動する京都文教大学女子サッカー部のアドバイザーとして、釜本氏にチームをサポートしていただいています。
女子サッカー部

■ 鏡リュウジ氏

●Profile

昭和43年(1968年)3月2日、京都生まれ。
心理占星術研究家・翻訳家。
国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。
英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。
日本トランスパーソナル学会理事。

▽平成21年12月3日、京都文教大学で鏡リュウジ氏の公開講演会を開催しました。
「日本的精神性」公開講演会
「『西洋』占星術の日本への受容をめぐって」

ページTOPへ