産業メンタルヘルス研究所

概 要 講義・演習 応募・申込み 期間・受講料 産業メンタルヘルス研究所
概要

現代社会が求める産業心理臨床のエキスパートを育てます。

うつ病、自殺対策、新入社員の離職など、現代社会において心理的ケアは重要課題となっています。しかし、職場におけるメンタルヘルス対策をどのように進めていけばよいのか、その実効性をどのようにすれば上げられるのか、試行錯誤が続いています。京都文教大学産業メンタルヘルス研究所では、こうした社会的要請に応えるべく、2009年に「産業心理臨床家養成プログラム」を開設。
プログラムの講師には、この分野における国内第一級の専門家に加わっていただき、産業場面で有効な心理臨床の技法、産業精神保健に関する知識を網羅的に学ぶことができます。また、臨床心理士だけでなく、看護師、保健師、精神保健福祉士、企業人事労務担当者など、さまざまな職種の方にも受講いただき、他職種間の情報交換や学び合いが実現できるよう工夫していきます。関心をお持ちの方々の積極的な参加をお待ちしております。

講義、演習、現場での実習等を通して、産業心理臨床に必要な知識と技術を養います。

プログラムについて
このプログラムでは、年間20週40コマの講義を2年間受講していただき、産業メンタルヘルスに関する知識を、基礎的なものから実践的なものまで網羅的に学んでいただきます。
内容は、臨床心理士資格を持つ者から資格取得見込み者(大学院修了者)までを対象としたレベルのものとなっています。ただし今年度からは、心理学的知識を補足する特別講義を用意するなど、臨床心理士以外のさまざまな職種の方や、大学院在籍者にも受講していただけるように工夫していきます。

メンタルヘルスに関する事業活動を体験的に実習
プログラム受講期間中には、メンタルヘルス事業に関わっていただく機会をできる限り用意します。研修の計画や実施、グループ討議のファシリテーションなどを担当していただくなかで、より実践的な学びが可能となります。

グループ・スーパーヴィジョンによる実践活動の拡張
年に複数回、グループ・スーパーヴィジョンによる授業を予定しています。
各々の受講者が現場での活動内容を報告し、グループ討議や講師からのコメントによって理解を深めていきます。他の受講生の取り組みについて検討することで視野を広げ、間接的な経験値を高めることができます。

京都文教大学産業メンタルヘルス研究所
〒611-0041 京都府宇治市槇島町千足80 お問い合わせ E-mail:sangyou-kbu@po.kbu.ac.jp