京都文教学園

はじめに

 本学園は、1904年(明治37年)校祖獅谷佛定上人が仏教精神に根ざした人間教育を実践することを建学の精神として創立され、今年117年目を迎えます。
 昨年度は、永い歴史の中でも特筆すべき、新型コロナ感染防止対策に追われ、教育現場では非対面によるオンライン授業の取り入れなど、試行錯誤が続く一年となりました。
 そのような中、学生・生徒・児童・保護者の皆様の協力を得て、各設置校でも工夫を凝らしながら、何とか年間のカリキュラムを無事に遂行することが出来ましたことに心から感謝申し上げます。
 大学は、昨年度新学部「こども教育学部」を設置し、教育と保育のプロフェッショナルを育成する充実した環境を整えたコースを創りました。既存の「総合社会学部」「臨床心理学部」共々、本学の建学の理念である「ともいき人材」の育成に努めています。
 短期大学は、昨年開学60周年の節目を迎えました。コロナ禍で記念事業は、繰り越しとなりましたが、ライフデザイン学科、食物栄養学科、幼児教育学科の各学科では、学べる分野と目指せる資格の拡大につなげるカリキュラムの構築を行いました。大学との連携もこれまで以上に深め、学生の進路希望に応えられる魅力ある短期大学を構築しています。
 中学校・高等学校は、コロナ禍で予定されていた行事の中止や縮小が余儀なくされる環境が、政府が提唱するGIGAスクール構想に基づくICT 教育の推進に向けたハード面の整備につながる道筋となりました。その効果的な運用を行うべくオンライン授業や課題提出など、新たな取り組みを実践することが出来ました。十分な活動が出来ずに心配された生徒募集も前年を上回る実績となりました。
 小学校は、少人数制のメリットである児童一人ひとりへの密接な指導を信条に、コロナ禍でも、宗教情操教育として校長による講和をオンラインで実施しました。また、4年生以上の児童一人一台の教育タブレット導入を実現し、ICT 教育が順調に進んでいます。
 幼稚園ではコロナ禍の制約の中、子どもの主体性と生きる力の基礎を育む保育を実践し、2歳児・満3歳児保育は、定員が満員になる状況で、保護者からの期待も大きく感じています。
このように各設置校は、コロナ禍にあっても目標を見失わず、教職員一同精進努力して、 邁進しております。
 令和2年度の事業の概要を以下にまとめましたので、ご報告申しあげます。

令和3年 5月

令和3年度 事業報告書(令和3年4月1日〜令和4年3月31日) 学園中長期経営改善計画 (平成30年4月1日〜平成35年3月31日)

令和2年度事業報告書 (令和2年4月1日〜令和3年3月31日)

各ファイルはPDF形式になっていますので、ご覧になるにはアドビリーダーが必要です。
アドビリーダーのダウンロード
過去の事業報告書  「東京グリーンボンド」への投資について
KYOTO BUNKYO GAKUEN
Copyright(c) Kyoto Bunkyo Gakuen All rights reserved.