学部・大学院

大学院 臨床心理学研究科 博士後期課程

現代の心理的問題に多角的な側面からアプローチ

● 教育目的

臨床心理学研究科博士後期課程は、現代のさまざまな心理的問題に対応しうる臨床心理学研究者および大学等の高等教育機関において臨床心理学的実践の指導を行える心理臨床家の養成を目的とします。

● 教育方針

博士後期課程修了後、臨床心理士の養成・指導にあたることのできる能力をもつ人材を養成。一方、社会的要請に応じた実証的研究を遂行しうる臨床心理学研究者の養成を目指します。そのために修士課程の教育に引き続き、さらに高度な実践力と研究能力を養成するプログラムを設けます。これにより、高度な専門的学術知識の修得、心理臨床の事例研究能力、心理臨床実践に関する新しい技法や理論の開発能力を養成します。

● 入学対象者

入学対象者は、本学大学院博士前期課程修了者、および他大学院の臨床心理学関連研究科の修了生で、修士課程(博士前期課程)の内容を基礎として、より高度で専門的な教育・訓練を求めている者。また、大学院修士課程(博士前期課程)修了後、既に教育、医療、福祉等の領域で心理臨床経験を有する者。

● カリキュラム

博士論文作成における個別指導のための「研究指導科目」と、この分野のさまざまな問題に対して、より深く研究を掘り下げるための「臨床研究科目」から成ります。修士課程での教育・訓練成果を基盤とした上で、臨床心理学分野における高度な専門的職業人、および指導的立場をとることのできる人材を養成するための、実践的・専門的な教育を行います。

ページTOPへ