教育 ――ともいき人材の育成

ともいき人材の育成のステップ

地域で学び、
地域と共に、地域に貢献できる人材を育成する

1年次生から「地域入門」(全学必修)を新設し、まずは地域、社会のイメージを具体化していくことからスタートします。この授業を通して、地域と関わる意義そのものや地域について考えることの重要性を理解することを目的としています。
2年次生では、「プロジェクト科目(地域)」、「地域ボランティア演習」、「地域インターンシップ」などの「現場実践教育科目」で実践を体験します。
この「現場実践教育科目」では、京都府南部地域をフィールドとし、グループワークを通じて地域課題の解決を目指す「プロジェクト科目(地域)」や、地域の小・中学校や福祉施設・団体等にボランティアとして参加する「地域ボランティア演習」を通して、実際に地域の人々との出会いの中で学生は「現場実践力」や「汎用的知力」を養います。
また、2016年から新たに、2年次生を対象に、京都府南部地域に根差した様々な業種の企業、団体、行政等と連携した「地域インターンシップ」を開講しました。
これらの低年次からの地域志向教育を3・4年次生以降の各学部、各学科のカリキュラムポリシーやディプロマポリシーをふまえ、専門教育に有機的に接続します。また、京都府南部地域の企業や各種団体等と連携しながら、より地域志向の教育活動が可能となるよう地域実践の場を確保し、地域と共に学生の更なる「主体的な学び」の促進と、「ともいき社会を実現できる力」を育成しています。