学部・大学院

学部・大学院

総合社会学部
教員紹介

見世物小屋にちんどん屋、これも立派な研究テーマです。

総合社会学部 教授 
鵜飼正樹

研究テーマ:
社会学、大衆文化論

大衆演劇、見世物小屋、ちんどん屋など、あまりマスメディアには注目されない芸能の世界にスポットを当てて、大衆文化の研究をしています。それらに関わってきた人々へインタビューしたり、芸を観覧したりしながら、ときには私自身が扮装して、舞台に立つことも。目下、「人間ポンプ」と呼ばれる芸と近代的な身体のありようについて、研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

身近なものごとを出発点に、発見する、考える、調べる、発表する、書く力を実践を通して養います。

受験生へのメッセージ

ここでしかない学びと、ここにしかいない教員に出会えるのが京都文教大学の魅力。小さくても存在感のある個性派大学です。ユニークで、マニアックなことに興味がある方は、ぜひ京都文教ワールドに、いらっしゃい!

グローバル・ガバナンスとは? 気になる人は私の研究室へ。

総合社会学部 教授 
遠藤 央

研究テーマ:
植民地主義、グローバル・ガバナンス、帝国研究

台湾は清朝、日本、中華民国などに統治され、ミクロネシアはスペイン、ドイツ、日本、アメリカに、植民地支配、委任統治、信託統治といったさまざまな形態で統治され、いずれも日本の「外地」であったという経験を共有しています。両地域を比較研究することで、外来の権力が交代していく過程の歴史認識の形成や文化的な連続性への影響を、ポストコロニアリズム、グローバル・ガバナンス、帝国研究などの視点を取り込みながら研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

「文化」という概念が、現代の日本社会において、どのように使われているかを事例をもとに考えます。

受験生へのメッセージ

大学生活のキーワードになるのは「知的好奇心」。どんな分野でもいいので、興味があることには積極的に挑戦して、みなさんの知的好奇心を満たすために、講義や実習、教員など、大学の資源を大いに利用してほしいと思います。

こんな時代だからこそ、 「イスラーム」について学んでほしい。

総合社会学部 教授 
奥野克己

研究テーマ:
社会人類学、中東アラブ研究

中東イスラーム世界を起点に、世界中にいる「アラブ」をフィールドワークして30年。エジプトのナイル川を見て、ときにヌビア沙漠を歩き、また大都市(パリ、ドバイ、ブエノスアイレス…)に吸い込まれて、アラブと向きあっています。アラブは自ら動き、モノや情報を動かす人びとです。そこを「国際(グローバル展開)」「メディア(ネットワーク的かかわり)」「社会心理(精神と思い)」の観点から研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

「文化・社会の一般性、普遍性」と「個別性、固有性」という人間の二面性を「食」を通して考えます。

受験生へのメッセージ

「好きこそ上手」は大いに結構。しかし、その逆の「嫌い」もまたよいでしょう。なぜなら、そこにはこだわりが存在し、そのこだわりこそが学びの源流だと私は考えるからです。自分のこだわりを出発点に、興味のある分野を追究していってください。

コンピュータによる画像の色彩的解析の可能性に挑戦しています。

総合社会学部 教授 
総合社会学部長 河本直樹

研究テーマ:
色彩学、感性工学

アパレルやインテリア等における色彩の印象や嗜好、心理的効果について研究しています。単色やシンプルな二色配色等を対象とした研究はよくあるのですが、私がやっているのは多色配色あるいは模様や柄を含む実際のカラーデザインです。そうなると色の組み合わせ、面積比、形、配置、等々、取り扱う要素が激増し、問題が一気に複雑化します。そこで私はコンピュータを使って、色の分布や様々な画像特徴量をとらえ、分析しています。

ゼミではこんな風に学びます。

色彩、アパレル、およびその周辺分野から、自分の関心のあるテーマについての研究に取り組みます。

受験生へのメッセージ

学校と病院は「先生」で選ぶべきだと思います。総合社会学部の魅力は各分野のエキスパートが豊富に揃っているところ。このページを読んで、気になる先生がいたら、ぜひオープンキャンパスなどで京都文教大学を訪れて、その先生に会ってみてください。

人々の生き方について、 「宗教」などから考えています。

総合社会学部 教授 
金 基淑

研究テーマ:
南アジア地域研究、多文化共生

主な研究テーマは、南アジアの社会と宗教です。とくに多民族・多宗教・多言語社会であるインドの人々がどのように自らの宗教的アイデンティティを構築していくのかを中心に研究しています。また異なる背景をもった人々同士が、日常生活、教育、仕事、儀礼などのさまざまな場において、どのように共存・共生を模索し実践しているのかなどにも注目して調査を行っています。

ゼミではこんな風に学びます。

日本で見られる異文化や外国人、外国に進出した日本文化を考察し、グローバル化時代への理解を深めます。

受験生へのメッセージ

世界の人々の生き方や社会、文化についてリアルタイムで学ぶことができるのが総合社会学部の魅力。学びを通じて、日本やみなさん自身の「今」を逆照射することも可能です。この「生きた」学問の世界に、みなさんも飛び込んでみませんか?

どうして占いは流行るの? その不思議なメカニズムを研究中。

総合社会学部 教授 
小林康正

研究テーマ:
民俗学、大衆文化史

「占い」とメディアの関係を研究しています。たとえば、姓名判断は20世紀初頭に発明されましたが、そのころ新聞が大衆化し「情報化時代」が到来します。姓名判断は「画数」で占いますが、これは新聞を通じて人々が「活字」と接するようになったことと関係します。新聞は多くの「有名人」も誕生させました。紙面に踊る成功者の姓名=活字を見つめて、何とかその秘訣を解き明かしたいと願うとき、神秘的な想像力が発動させられたのです。

ゼミではこんな風に学びます。

近現代の大衆文化を幅広く扱います。実物に触れて現地におもむく経験を大切にしたいと思います。

受験生へのメッセージ

大学では勉強しないでください。大学での学びは、あらかじめ決められた答えを正確に導き出す、といった類のものではありません。自ら問いを設定して、自分なりの答えを導き出す、勉強ではなく、学問をするのが大学というところです。

インドと日本、どっちがオシャレ? ファッションから文化を考えます。

総合社会学部 教授 
杉本星子

研究テーマ:
社会人類学、テキスタイル研究、南アジアおよびインド洋島嶼地域研究

インドのシルク・サリーの生産と歴史の研究を軸に、インド洋を越えてアフリカ、中東、東南アジア、そして日本へ渡ったインドのテキスタイルや、日本からインドや中東、アフリカへの輸出されたシルクや化繊のテキスタイルとそれらがもたらしたファッションの変化について研究しています。また、マダガスカルの人々とともに、野蚕シルク織物の伝統の継承と市場開発による農村の貧困改善と森林環境の保全に向けた研究に取り組んでいます。

ゼミではこんな風に学びます。

各自が興味のあるテーマを研究し、現代社会における経済と文化の関係について考える力を養います。

受験生へのメッセージ

文化人類学は、現場に出て、現場で考える学問です。キャンパスを飛び出して、いろんなものをみて、いろんな人と出会い、いろんなことを体験してみたいという元気のある学生にとっては、とても面白い学問だと思います。

英語が上手になりたい人、私の研究室にいらっしゃい。

総合社会学部 教授 
瀧澤正己

研究テーマ:
英語教育、応用言語学

実践的な英語能力育成を目標に、最近では英語教育専門誌等でも頻繁に取り上げられている通訳訓練法について研究しています。一般の日本人英語学習者がいかに効率よく英語をマスターしていくことができるかを追求しながら、例えばシャドーイング、サイト・トランスレーション、スラッシュ・リーディング、リプロダクション、区切り聞きなどについて研究し、積極的に授業に取り入れています。

受験生へのメッセージ

みなさんはこれから大学生活を経て社会に飛び立つ人生の岐路に立っています。これから先の10年間、遊んで暮らしても、自分が決めた道をまっすぐに歩んでも、同じ10年ではありますが、違いは明確に表れます。悔いのない生き方をしてください。

新型コロナ感染の防御行動を考える。

総合社会学部 教授 
筒井義郎

研究テーマ:
新型コロナ感染に立ち向かう・幸福の経済学・行動経済学・金融

日本とイスラエルにおいて、パネル調査を実施し、新型コロナ感染について、人々がどのように認知し、防御行動をとるかについて明らかにする。

ゼミではこんな風に学びます。

今年度は、新型コロナ感染について私たちが行っているアンケート調査を使って、感染防御という問題をどう理解し、適切な対処行動をとるには、どのようなことが重要であるかについて、各自考える。

大学初年次教育の新たな手法を開発、実践。

総合社会学部 教授 
手嶋英貴

研究テーマ:
学習スキル教育、キャリア形成支援

「文章表現」や「図書館教育」などを内容とする初年次教育を担当しています。もちろん1回生とのお付き合いが中心ですが、意外にも就職活動にいそしむ3・4回生から「エントリーシート作文」や「小論文試験」の対策について相談を受けます。そうした経験から、大学で学ぶ基礎力だけでなく、キャリア形成の力をも同時に育てるような、新しい大学初年次の教育のスタイルを作りたいと考え、教育手法の開発・実践を進めています。

開発が進む東南アジア地域の社会・文化や福祉について考察。

総合社会学部 教授 
馬場雄司

研究テーマ:
東南アジア地域研究・福祉と地域デザイン

タイと日本を往復しつつ、福祉をキーワードに地域について考えています。北欧というイメージの福祉ですが、アジアにはアジアの伝統的相互扶助があり、日本もその上にたって、西洋生まれの近代的福祉システムを取り入れました。こうした視点で、施設での営みだけでなく、地域における人のつながりの中で、「福祉」を考えています。また、アジアの音楽調査も手がけており、自然素材の民族楽器の医療・福祉分野での可能性にも関心があります。

ゼミではこんな風に学びます。

医療と福祉に関わるテーマを人類学的に考察。また、アジア的視野から現代日本の社会や文化を考えます。

中国の漢民族がメインテーマ。宗教や生活習慣などを調査しています。

総合社会学部 教授 
潘 宏立

研究テーマ:
現代中国の社会・文化研究

中国の東南部を中心に漢民族の社会や文化およびその変容を研究しています。特に、宗族と宗親組織、祖先祭祀、民族宗教、生活風習、サブカルチャを現在の社会背景において調べています。また、海外華僑・華人と故郷社会の経済・文化の相互作用、沿岸部の少数民族(回族、シェ族)の文化とアイデンティティーについても興味を持ち調査・研究中です。最近、目覚しい社会や経済発展を遂げている中国では、伝統文化の社会的な役割についての研究も取り組んでいます。

ゼミではこんな風に学びます。

現代中国の社会・文化、経済、観光および日中経済・文化交流、海外華人社会などの問題について研究します。

どうなる、これからの日本経済。 近未来のビジネス戦略がテーマです。

総合社会学部 教授 
三浦 潔

研究テーマ:
日本企業の海外進出、国際通貨に関する諸問題

日本と諸外国との関係は、特にビジネスの世界では、近年ますます緊密になってきています。このような状況の中、日本企業の海外進出(海外直接投資)の現状と問題点、さらに今後の展望について研究しています。また、円とドルや、円とユーロといった国際通貨間の関係性と交換相場(外国為替相場)の動向、その変動をもたらす要因について研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

日本の経済の現状を解説するテキストの研究と発表およびディスカッションを行うほか、ビジネスに関連した記事の要約と意見交換も実施。また、秋の大学祭では小グループに分かれて研究の成果を発表します。

受験生へのメッセージ

将来自分の力で何かを始めたい人、また世界を舞台に活躍したいという人は、ぜひ京都文教大学に来てください。本学科では、そういった意欲ある学生に、その夢を実現するために必要な知識や情報、ノウハウを伝授します。

フィリピンのムスリム社会から、世界を眺めてみると…。

総合社会学部 教授 
森 正美

研究テーマ:
歴史と文化のまちづくり、法人類学、東南アジア(フィリピン)研究

フィールドから学び、学んだことを伝え、そこから何か新しい価値を生み出す。これが文化人類学を学ぶ楽しさであり、社会的な意義です。歴史豊かな京都・宇治の地域文化を学び、学生と一緒に宇治茶や修学旅行生を案内するプロジェクトを企画・実践しています。また行政の観光振興計画や地域政策の立案にも関わっています。海外ではフィリピンを中心に、民族や宗教の異なる人々がどのようにもめごとを調整し、共生しているかを研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

身近な出来事から関心を広げ、自分と社会の関わり方の可能性を実践的な活動を通じて探ります。

受験生へのメッセージ

文化人類学では、人と人との関係のなかで、生きる知恵を学びます。ささやかな発見やこだわりを大切にし、自分の好奇心、知識、行動力と結びつけ、世界を広げる方法を学びましょう。京都文教大学ならそれを実感できる学びに出会えるはずです。

ステレオタイプや偏見がつくられる仕組みについて追究しています。

総合社会学部 准教授 
浅井暢子

研究テーマ:
社会心理学、社会的認知研究

「関西人といえば、阪神ファン」と言ったり、言われたりしたことはありませんか? 私の研究対象は、このような特定の集団に対するステレオタイプや偏見です。ステレオタイプや偏見がどのようにつくられ、なぜ変えにくいのか、また偏見などの対象となっている人はどのように感じているのかという問題を実験や調査を通じて検討しています。興味の幅は広く、裁判員の判断過程や集団間の紛争解決についても研究中です。

ゼミではこんな風に学びます。

「どうして人はこんな行動をするのだろう」「どうしてこんな風に考えるのだろう」社会に生きる人間の「こころ」の理解に挑みます。

コンテンツツーリズムから町おこしを考える。

総合社会学部 准教授 
片山明久

研究テーマ:
コンテンツツーリズム研究、文化政策、観光ビジネス、観光政策

今日、地域では少子高齢化が深刻化しており、例えば地域文化においてもその担い手不足から文化の継承が危機に瀕しています。しかし近年では、アニメなどを契機に地域を訪れるようになった旅行者が地域文化に強い共感を示し、その支援を行うようになった事例が散見できるようになりました。今日の旅行者は地域文化にどのような役割を果たせるのか。全国のコンテンツツーリズムを詳しく調べながらそれを明らかにしたいと思います。

ゼミではこんな風に学びます。

「コンテンツ」と「地域」がゼミのキーワードです。私たちが観光の現場で感じる小さな違和感や満足感など、その感性を大切にして、旅行者と地域の関係を考えていきましょう。

「生の形」が融解してしまった今、
思想の言葉を頼りに「生き方」の基準を探索しよう。

総合社会学部 准教授 
総合社会学科長 黒宮一太

研究テーマ:
政治哲学、政治思想、政治理論

現代において大事な問題は何であるか、それをどのように考えればよいかを「思想」というものを頼りに考えています。具体的には、戦後の日本において忌避されつづけてきた「ナショナリズム」というものについて考えながら、また、現代文明の本質的特徴ともいえる「故郷喪失」について社会科学的な考察に取り組みながら、「生き方」における「良き形」とはいかなるものであるかを学んでいます。

ゼミではこんな風に学びます。

現代社会で生じている諸問題のより良き解釈をめざし、話し言葉と書き言葉の習練に取り組みます。

「わかった!」の笑顔を引き出す社会科授業と教材開発を研究。

総合社会学部 准教授 
澤 達大

研究テーマ:
社会科教育(観光教育、防災教育)、教師教育学

わかった時に子どもたちが“ニコッ”とする笑顔を、教室に咲かせられる教員の育成に取り組んでいます。社会科の授業が講義一辺倒や暗記中心、テクニックに頼るようでは、笑顔は広がりません。知的好奇心や探究力が芽生える教材開発と、学びの過程を大事にする指導方法を研究し、興味がわき確かな学力が身に付く授業を学生と一緒に模索しています。さらに学校現場で教員に求められる「一瞬の対応力」などの能力の研究も進めています。

「写真」から考える、現代メディア社会の問題と可能性。

総合社会学部 准教授 
高橋千晶

研究テーマ:
芸術学・視覚文化研究

スマートフォンで気軽に撮影したり、Facebookでみんなに紹介したり、「写真」はますます身近なメディアになってきました。私が研究する「写真」というメディアは多様な側面をもっていて、何かの「記念」や「記録」のために撮影されることもあれば、芸術的な目的や感性的な快をめざして「表現」されることもあります。今日の写真は、さまざまな領域のコミュニケーション・ツールとして機能しており、現代メディア社会の問題や表現の可能性を考えるための興味深い研究テーマです。

ゼミではこんな風に学びます。

アート、デザイン、ファッションなどの視覚文化から興味のある対象を選び、その作品の魅力を、社会的・文化的状況とあわせて解読します。

非営利組織の問題をフィールドワークを通して研究。

総合社会学部 准教授 
平塚 力

研究テーマ:
経営組織論、組織改革のプロセス

私の研究対象は行政や病院や大学など公共のために存在する非営利組織です。これらの多くは伝統が邪魔をして、組織に問題が生じても自らを改革することは容易ではありません。そこで私は、インタビューを中心としたフィールドワークという手法を用いて、組織改革の現場では何が起きているのかを研究しています。当事者には見えない組織の問題を、部外者が理論的に説明するという点で、研究に社会的な意義を感じています。

ゼミではこんな風に学びます。

経営学に関する基本的知識や経営学的な考え方を、テキストをもとにした発表や討論に取り組みながら身につけます。

近くて遠い国、韓国。 その社会の不思議に迫る。

総合社会学部 准教授 
安田ひろみ

研究テーマ:
宗教社会学・人類学、韓国研究

「宗教なんて自分には関係ない」と思ってませんか?実は、世俗的な日本は世界でも例外的存在です。例えば経済でもライバルになったお隣の韓国。サラリーマンだってキリスト教や仏教などを熱心に信仰し、生活の核にしている人が大半なのです。 政治に経済に文化に、網の目のように広がる宗教の力、人を動かす信仰と時代や社会との関係を研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

流行のスイーツ、車のデザイン、韓流ブーム、どんな事にもそれを形作るキモ=世界観があります。自分の関心テーマがどう形成され社会とどう繋がっているのかに注目します。

クイズ番組から私たちの知的関心の変化を探っています。

総合社会学部 准教授 
山崎 晶

研究テーマ:
社会学、メディア文化論

テレビ番組には70年余の歴史があります。出された質問に対して「正解」を出すクイズ番組は、私たちが「知って得した」と思う情報がどのようなものかを鮮やかに映し出しているといえるでしょう。では、いったいどのような情報に満足し、不満を覚えているのでしょうか。問題と答え、そして当時の人々の反応から、日本社会の「知」の変化を探っています。さて「答えは何でしょう?」

ゼミではこんな風に学びます。

アニメやゲーム、音楽など、娯楽として楽しまれているメディア文化を対象に、人々がそれらにのめり込む理由を探究しています。たとえ自分自身が共感しにくい対象でも、理解を示すことができる力を磨いてほしいと思っています。

「寄付」と公共サービスの関係と可能性を探る。

総合社会学部 准教授 
山本真一

研究テーマ:
応用ミクロ経済学、公共経済学

日本では、政府がいままでさまざまな公共サービスを国民または地域住民に提供してきました。その一方で、政府が行ってきたサービスを民間企業に行わせるための方法として、寄付があります。果たして、どちらの方法が望ましいのでしょうか?「寄付によって私たちの暮らしは良くなるのか」、「寄付行動を促進するために政府はどのような政策をとるべきなのか」といった問題について経済学の道具を用いて研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

さまざまな政策課題について経済学的に考え、自らうみ出した政策プランを社会に発信します。

身近な社会問題を「法的」に考える力を鍛えます。

総合社会学部 講師 
大西貴之

研究テーマ:
法学、法的思考論、法と社会の関係学

法学とは「ルール」の学問です。市民同士、市民と国家の間、国家同士など、さまざまな社会関係には常に争いが生まれる可能性があります。争いごとが起きないように、または起きたときのために何らかのルール(国会が制定する法律はその一つ)を設定し、そのルールに基づいて結論を下します。私はそのルールに基づく結論や主張を出すときの方法論・思考様式について研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

家族、ビジネス、教育、医療などで生じる現実の社会問題を、関連法規や制度の運用の観点から捉えることでものごとを「法的」に考える力を鍛えます。

何故、国や地域によって発展速度が異なるのか? 企業や移住労働者の役割は?

総合社会学部 講師 
カラヴァシレヴ ヤニ ヴァシレヴ

研究テーマ:
企業の海外活動、移民・移住研究、グローバル化、国際開発学

グローバル化は、商品・サービス、資本、人、情報の4つの要素の国境を越えた動きから成るプロセスです。これらの要素の動きには、国と国の間の所得水準、経済規模、比較優位、地理的・言語的・文化的距離を含む、様々な決定要因があります。私の研究においては、これらの決定要因を重視しながら、学際的で実証手法を用いて、国境を越えた企業と労働者が直面している色々な問題に対して、適切な政策や戦略を提案できることをめざしています。

ゼミではこんな風に学びます。

講義やゼミでは、学生のグローバルな視野を養いながら、関西・日本・世界経済のあり方と問題を客観的に議論できるような機会を提供する環境をめざしています。

世界の「街」と「建物」が大好き。 建築家としても活動しています。

総合社会学部 講師 
小林大祐

研究テーマ:
地域再生計画、まちづくり

歴史的市街地の景観まちづくりやニュータウンのまちづくりを研究しています。建築や都市のデザインだけでなく「人のつながり」をつくり直すことによって魅力に溢れ、安心して住み続けられる地域を住民自らの活動によって再生する取り組みを行っています。また、ヨーロッパを中心に世界遺産を活かしたまちづくりや個性的で魅力的な地域再生の方法を調べています。

ゼミではこんな風に学びます。

実際にまちを歩きながら地域の抱える問題を解決する方法を一緒に考えていきます。

受験生へのメッセージ

開設以来まだ新しい本学科は、活気と創造性に満ちたみなさんを必要としています。大学時代はあらゆる可能性にチャレンジできる時代です。多くの友達や先輩、教員との交流を通して豊かな人間性を培い、将来の夢をつくるために一緒に学んでいきたいと思っています。

人に対する「印象」はどのように作られ、人間関係にどう影響するのか?

総合社会学部 講師 
谷口友梨

研究テーマ:
社会心理学、対人認知研究、法と心理学

日常生活において、私たちはさまざまな人に出会います。そして、出会った人に対して気づかぬうちに「この人は〇〇な人だ」という印象を形成してしまいます。そうした無意識的な印象がどのように形成されるのか、形成された印象が人間関係の構築や援助を求める人に対する援助行動、あるいは一般市民が裁判員として刑事裁判に参加した際に被告人に対して行う量刑の判断にどう影響するのかを研究しています。

ゼミではこんな風に学びます。

日常生活で遭遇するさまざまな事柄や問題に、社会心理学の知識を使って自分なりに解き明かし、対処する力を身につけてほしいです。

金融危機はなぜ起きる? その対処法を探る。

総合社会学部 助教 
豊田宏樹

研究テーマ:
望ましい金融規制のあり方について

金融システムは、経済活動を支える重要な役割を果たしています。その一方で、金融システムが抱える問題も数多くあります。そのような問題が、経済に大きなダメージを与える金融危機に発展することもあります。例えば、1990年代の日本においても金融危機が発生しました。私は、どのようにして金融危機が生じるのか、そしてそれに対処するためにどのような方策が考えられるのか、について経済学の観点から研究しています。

講義ではこんな風に学びます。

経済学の基本的な考え方を学び、それを通して世の中で起きているさまざまな経済問題について分析する力を身につけます。

このページの先頭へ