がんばろう。
いま世界中で多くの人が苦しみ、悲しみ、困り果てています。
そして日本でも、この京都でも、同じようにたくさんの人が
新型コロナウィルスのために困難な状況に追いやられています。
こんな時だからこそ、心を静め、
私たちのまわりでたすけを求めている人がいないか、
その小さな声が聞こえないか、耳を澄ませてみようと思います。
身寄りの少ないお年寄り、子どもを抱えたお母さん、
病気やハンディを持って生きている人たち、
遠くのまちから来て一人暮らしをしている若者や外国の人たち、
小さな商いを長年続けてきた商店や工場など…。
みんなでたすけあい、わかちあうことで
すくわれる人たちがたくさんいるはずです。

私たち京都文教大学・京都文教短期大学は、
仏教の精神にもとづく「ともいき」を理念に掲げている大学です。
そしてその建学の精神の真価が、いま問われているのだと考えます。
これからいったいどうなっていくのか?
先が見えない状況ですが、私たちは地域の方々と手を取り合い、
そして困っている人には手を差し伸べ、寄り添いながら、
みなさまとともに歩んでいきたいと考えています。

京都文教大学 京都文教短期大学  教職員一同

京都文教大学・京都文教短期大学は、
建学の精神である「ともいき」の理念にもとづき、
新型コロナウィルスの脅威にさらされている日本、
とりわけて地元地域の社会に生きる人たちに
「ともにがんばろう」という
教職員からのメッセージを伝える新聞広告を、
2020年4月1日に地域新聞である
「洛タイ新報」に掲載しました。

重要なお知らせ

    記事を開く 記事を閉じる

    What's New

      記事を開く 記事を閉じる

      2021年4月入学生向け大学案内

      2021年4月入学生向け大学案内
「成長編」
      2021年4月入学生向け大学案内
「学び編」
      Love Bunkyo

      Special

      開く 閉じる