センター紹介

地域協働研究教育センターとは

地域協働による地域まるごと
「ともいき(共生)キャンパス」の創造

京都文教大学は京都府南部地域に本拠を置く唯一の大学として平成8年に開学し、一貫して仏教精神に基づく人間教育を標榜してきました。
建学の理念である「四弘誓願(しぐせいがん)」の教えに従い、『地域社会、市民に広く「開かれた大学」を実現すること』をめざし、今日まで研究教育・社会貢献を推進してきました。
「四弘誓願」とは、「自利即利他(他者を幸せにすることを自らの幸せとする)」、すなわち「自己と他者との生かし合い:ともいき(共生)」をめざす誓いであり、大学の地域志向活動では、地域に役立つことを自らの幸せと考え、地域に暮らす多様な人々とのともいきの実現のために、日々の研究教育に精進することが重要と捉えています。
上記の目的を遂行するため、地域における本学の教育、研究、社会貢献を一体化し、地域・学生・教職員を巻き込んだ総合的な取組を推進し、その成果を本学の教育活動や地域の発展に還元、寄与することを目的として平成26年4月1日「地域協働研究教育センター」を設立しました。
当センターは、全学的な組織として学部と連携し、学部の専門性を生かした「地域ヒューマンケア(臨床心理学部)」「地域ソーシャルマネジメント(総合社会学部)」を一体的に展開し、学生への実践教育の場の提供、地域人材や専門家・専門職との共同研究の推進、生涯学習機会やリカレント教育の拡充など、これまでの教育や社会貢献に継続性を持たせ、あらたに地域を志向した活動を発展させています。

地域協働研究教育センター所員・地域連携委員 紹介

松田 美枝 地域協働研究教育センター長・地域連携委員長・臨床心理学部准教授
片山 明久 総合社会学部准教授
山崎 晶 総合社会学部准教授
大西 貴之 総合社会学部講師
小林 大祐 総合社会学部講師
平岡 聡 臨床心理学部教授
二本柳 覚 臨床心理学部講師
林 雅清 こども教育学部准教授
平野 知見 こども教育学部准教授