学校紹介

沿革

明治37年(1904) 高等家政女学校設立認可
京都市下京区烏丸松原因幡薬師に開校
大正5年(1916) 寺町四条大雲院に校舎新築移転
大正13年(1924) 家政高等女学校に組織変更
家政裁縫女学校併置
昭和9年(1934) 現在地京都市左京区岡崎円勝寺町5
(東山仁王門)に校舎新築移転
昭和22年(1947) 6・3・3学制により家政学園中学校設置
昭和23年(1948) 新学制により家政学園高等学校
(普通科・家庭科)設置
昭和40年(1965) 講堂兼体育館落成
昭和41年(1966) 礼拝堂落慶
昭和42年(1967) 水泳プール建設
昭和60年(1985) 創立80周年 校舎「正道館」完成
平成7年(1995) 校名変更「京都文教女子中学校」
「京都文教女子高等学校」
平成8年(1996) 大島会館改築
平成9年(1997) 第2体育館および温水プール新築
平成14年(2002) 学園名変更「京都文教学園」
平成15年(2003) 校名変更「京都文教中学校」
「京都文教高等学校」
平成16年(2004) 創立100周年 男女共学化
平成24年(2012) 全コース完全男女共学化
平成26年(2014) 創立110周年
平成28年(2016) 新3号館・新作法室・新校門完成

ページの先頭へ戻る