TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 文系 > 法学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 法学部/文系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!

どのように学ぶの?
「六法」を中心に法律の基礎を学習します。
実際に法律事務所の仕事を体験することも。
私たちに身近であるはずの法律ですが、実際の法文はとても難しい文章で書かれていて、一般の人にはわかりにくいものです。法学部では、さまざまな法律について、その意味を正しく理解し、どのようにして社会に役立てていくのかを勉強していきます。授業は基本的に、「六法」と呼ばれる基礎的な法律(憲法、刑法、民法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法)を中心に学びます。また、実際に裁判所や少年院、あるいは刑務所といった法律がいかされている現場の見学や、インターンシップ制度といって、短い期間、弁護士事務所で法律家の仕事を体験する学習プログラムを用意している法学部もあります。そうした社会の現場とつながる学習を通して、法律のスペシャリストとしての能力を磨いていきます。

他の学部を見る
社会学部 / 芸術学部 / 経済・経営・商学部 / 人間学部 / 教育学部 / 生活科学部 / 
外国語学部 / 国際関係学部 / 総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 
体育学部(文系・理系)
理系を見る