TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 理系 > 医学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 外国語学部/文系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!

どのように学ぶの?
医学に関する膨大な知識を吸収しながら
やがて医師として活躍する医療現場を学ぶ。
医学部の就業年限は6年間。通常の大学よりも2年間長いわけは、医学のプロフェッショナルをめざし、より専門的な知識を確実に学ぶ必要があるからです。高校で学んだ生物や物理などをベースにした理系科目から専門的なものまで、医学部で学ぶ内容は多岐にわたります。また、診療科目も将来の専門にかかわらず、外科や内科、小児科、産婦人科、耳鼻科など全てをひととおり学ぶ必要があります。ある程度の年次になると、知識の修得だけではなく、医療機器の扱い方や治療方法について、実際の医療現場での研修も増えてきます。また、近年では身体のみならず心のケアの必要性も認識されはじめてきたため、心理学などを授業で扱う大学もあるようです。最終的には医師国家試験をクリアし、医師になることをめざす学生が多いようです。

他の学部を見る
歯学部 / 薬学部 / 理学部 / 工学部 / 農・水産学部 / 情報科学部 / 
総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 体育学部(文系・理系)
文系を見る