TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 文系 > 経済・経営・商学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 経済・経営・商学部/文系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!
何を学ぶの?
現代社会を動かす力となっている
「お金」の流れについて学びます。
人々が暮らす社会になくてはならないもののひとつに、「お金」があります。現代社会ではお金が原動力になって、経済を動かしています。たとえば、ショッピングセンターの棚に並ぶ商品を手にするためには、お金が必要です。そのお金を得るために人は働き、その働きがまた、新たな商品やお金を生み出します。この一連の流れが、経済活動の基本になっています。そして経済学や経営学・商学は、経済の流れをスムーズにするために必要なものです。
経済・経営・商学部では、現代社会で人が生活していくために欠かせない、お金の流れについて学びます。経済学部では、理論や歴史的なことを中心に学び、経営・商学部では、実際の会社の経営方法などを例にしながら、お金の流れについて学びます。経済のしくみについて詳しくなりたい人は経済学部を、また、自分自身が経営のエキスパートになりたい人は経営・商学部を、というふうに選び分けることができます。

他の学部を見る
社会学部 / 芸術学部 / 人間学部 / 法学部 / 教育学部 / 生活科学部 / 外国語学部 / 
国際関係学部 / 総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 
体育学部(文系・理系)
理系を見る