TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 文系 > 国際関係学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 国際関係学部/文系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!

どのように学ぶの?
外国語を中心に、地理や世界史も学習します。
学生同士の話し合いも授業のひとつです。
世界に目を向けた学習をするためには、外国語を理解する力が必要です。ほとんどの大学では、英語を中心に、まずは外国語の勉強をしています。
国際関係学部では、海外からの留学生も多く学んでいるので、英語を話せることは学生同士のコミュニケーションにも役立ちます。また、受験のときにも英語の実力がとても大切になるので、国際関係学部をめざす人はしっかりと英語の勉強をしましょう。ほかには、地理や世界史、それぞれの国の政治や経済のことについても学習していきます。興味のある国や地域、問題については、さまざまなデータを集めて研究をおこなったり、学生同士の話し合い(ディスカッション)などといった活動を通して、解決の方法を探しています。

他の学部を見る
社会学部 / 芸術学部 / 経済・経営・商学部 / 人間学部 / 法学部 / 教育学部 / 
生活科学部 / 外国語学部 / 総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 
体育学部(文系・理系)
理系を見る