TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 文系 > 生活科学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 生活科学部/文系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!

どのように学ぶの?
コースや専攻に分かれて専門分野を学習します。
実習や現場での授業もたくさんあります。
生活科学は、学習する範囲がとても広いので、ほとんどの大学では分野によってコースや専攻に分けて学習をおこなっています。たとえば、服装と社会・人とのかかわりについて考える「被服学」や、住まいについて考える「住居学」、子どもに関する問題を考える「児童学」、豊かな食生活を実現するための「食物学」など、研究のテーマは、どれも生活に密着しています。それぞれの分野では、実際に服を作ったり、インテリアの模型を作ったり、調理をするなど、実習の授業が多くおこなわれます。また、フィールドワークといって、実際に現場へ足を運んで、自分で調べたり体験しながら資料を集め、学習をすすめていく内容の授業も数多くおこなわれています。

他の学部を見る
社会学部 / 芸術学部 / 経済・経営・商学部 / 人間学部 / 法学部 / 教育学部 / 
外国語学部 / 国際関係学部 / 総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 
体育学部(文系・理系)
理系を見る