TOPへ戻る 大学で何を学ぶの? > 理系 > 薬学部
 
  大学で何を学ぶの?
 
MENU 薬学部/理系

何を学ぶの?
どのように学ぶの?
こんな人におすすめ!
こんな進路が広がります!

どのように学ぶの?
薬学を中心とした幅広い知識を修得し
現場に対応できる薬学の専門家をめざします。
薬学は主に薬の作り方を学ぶ「製薬学」、薬の使い方を学ぶ「医療薬学」、病気予防などについて学ぶ「衛生薬学」という3つの分野に分かれています。薬学部では、薬の開発や管理をおこない、効果的に使用することのできる、薬学の専門家をめざして4年間学びます。同時に化学や医学なども学び、薬学にとどまらない幅広い視野を養います。また、知識の修得だけではなく、解剖学実験や病院・薬局などでの実習を通して、実践的な技術を磨いていきます。学校によっては薬局そっくりの施設が作られ、薬剤師の実習ができるところもあるようです。薬学は医学に比べると直接人を治療するための学問ではありませんが、医療の現場において重要な役割をはたしていることには変わりなく、責任とやりがいを感じることのできる学問であると言えるでしょう。

他の学部を見る
医学部 / 歯学部 / 理学部 / 工学部 / 農・水産学部 / 情報科学部 / 
総合科学部(文系・理系) / 保健衛生学部(文系・理系) / 体育学部(文系・理系)
文系を見る