学部・大学院

学部・大学院

こども教育学部
小学校教育コース

専門知識と現場実践を積み重ね学力を伸ばし、
子どもと保護者のこころに寄り添える小学校教員をめざす。

子どものこころを深く理解して教育を実践できる小学校教員を養成。4年間を通じた現場体験(学校インターンシップや実習)を重視し、教育者として必要な資質と能力を伸ばします。教育支援や子育て支援、障がい者支援などに携わり、子どもや保護者との関わりについて、教育の現場で実践的に学ぶ機会も豊富です。

つながるシゴト

コースの学びと経験は、幅広い分野で活かすことができます。
例えば・・・

進路の方向性
  • 小学校教員
  • 教職大学院
  • その他教育機関
  • 公務員
  • その他一般企業全般 ほか
取得できる資格
  • 小学校教諭一種免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 博物館学芸員
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 初級地域公共政策士

つながる学び

コースの学び方
  1. 1年少人数制のゼミがスタート
    小学校教員をめざすうえで必要な教育の基本を段階的に学びます。
  2. 2年小学校の現場で実践的に学ぶ
    教育の現場で求められるコミュニケーション力を磨きます。
  3. 3年教育と子ども理解の専門知識を磨く
    教育実習に臨み、「先生」として授業を行える力を培います。
  4. 4年卒業論文をまとめ教師力を伸ばす
    教員採用試験に向けた対策と卒業論文の執筆に取り組みます。
コース推奨科目

現場実践力を養成

4年間を通して現場から学ぶ!

  • 介護等体験特講
  • 教育実習事前事後指導(小)
  • 教育実習(小)

学内、学外での学びを往き来し、連携する教育

子ども一人ひとりとその家族に応じた支援ができる人材を養成

専門職としての力を身につける!

【専門的知識】

  • 英語(外国語)
  • 生活
  • 家庭
  • 体育
  • 道徳の理論と方法
  • 国語
  • 社会
  • 算数
  • 理科
  • 音楽
  • 図画工作

【専門的技能】

  • 初等教科教育法(国語)
  • 初等教科教育法(社会)
  • 初等教科教育法(算数)
  • 初等教科教育法(理科)
  • 初等教科教育法(生活)
  • 初等教科教育法(音楽)
  • 初等教科教育法(図画工作)
  • 特別活動と進路の指導法
  • 器楽実践演習Ⅲ(発展)
  • 教職実践演習(小)

4年間継続されるゼミ学修等により、学び続ける力を身につける!

  • こども教育学演習Ⅰ・Ⅱ
  • こども教育学研究法演習Ⅰ・Ⅱ
  • こども教育学総合演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業論文

臨床教育学的素養を身につける!

【基礎知識】

  • 子ども家庭福祉
  • 心身の発達と学習過程
  • 保育の心理学
  • 発達障害への支援
  • 教育相談の理論と方法
  • 特別支援教育概論
  • 生徒指導の理論と方法

【汎用的知識】

  • 教育・保育のための子ども学
  • 実践教育カンファレンス
  • 実践保育カンファレンス
  • 現代社会とこども・家族
  • 教育・保育現場実践ソーシャルワーク
  • 総合的な学習の時間の指導法(小)
  • 教育・保育のための臨床心理学
  • 発達臨床学
  • 教育・保育のための心理学的支援の実際
  • 教育・保育のための心理学的査定と観察法
  • 教育と医学
授業Pick up
ゼミナールPick up
ゼミナール/寺田ゼミ

生活環境や親子関係など子どもを取り巻く
背景を知ることの大切さを学びました。

「子ども食堂」で地域の親子と関わったり、宇治のミュージアムで子ども向けイベントを実施したりするなかで、成長を支えるための声の掛け方、意欲の引き出し方が一人ひとり異なることや多角的な視点から子どもを見ることの大切さを実感できました。

ゼミナール/寺田ゼミ

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    小学校教員を
    めざして勉強

    絵本の読み聞かせを練習し、伝える力を磨きました。

  2. 2

    子どもと関わる
    ボランティアに参加

    地域連携の活動で子どもと関わり、やりがいを実感。

  3. 3

    ボランティア活動の
    リーダーに

    保護者と関わり信頼関係を築く大切さを学びました。

  4. 4

    教員採用試験の勉強と
    支援員*の活動を両立

    「現場」で実践力を磨き続け、教員採用試験にも合格!
    *京都市総合育成支援員

卒業生Interview
滋賀県 小学校教員 就職

小学校の現場や地域で子どもと関わり、
実践力が鍛えられました。

1年次から小学校の現場で学べる授業や、学外で地域の親子と関わる機会が多くあり、学生たちの個々の経験を少人数制のゼミで共有し学び合える環境が成長の力になりました。これからは小学校教員として教育の現場で学び続け、子どもの成長を支えていきます。

卒業生Interview

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    授業で小学校の
    ボランティアを体験

    「学校ボランティア」で小学校教員の仕事を間近に見て学びました。

  2. 2

    「学校インターンシップ」でより実践的な現場体験

    小学校の先生の補佐として「自分ならどうするか」を常に考え成長できました。

  3. 3

    教育実習で
    初めての授業に挑戦

    授業は想像以上に大変でしたが、やりきった経験が自信になりました。

  4. 4

    「現場経験」が
    夢を叶える大きな支えに

    学外でのボランティアと勉強を両立し、先生になる夢を叶えました。

コース紹介ムービー
このページの先頭へ