学部・大学院

学部・大学院

総合社会学部
経済・経営コース

社会を動かす「企業」「お金」「組織」「仕事」について学び、
新しいビジネスを立ち上げる「起業家精神」を育成。

経済学・経営学の知識を活かして、企業のインターンシップや地域を活性化する活動に参加するなど、社会での実践力を磨く機会もあります。実社会で求められるコミュニケーション能力や課題を発見し解決するための力を磨きます。

つながるシゴト

コースの学びと経験は、幅広い分野で活かすことができます。
例えば・・・

進路の方向性
  • 金融関連(銀行、信用金庫、証券会社など)
  • 製造業
  • 流通業(スーパー・コンビニチェーン・運輸業など)
  • 外食業
  • 情報流通業
  • 経営者
  • 公務員
  • 教員
  • その他一般企業全般 ほか
取得できる資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状
  • 博物館学芸員
  • 社会調査士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 初級地域公共政策士
  • 日本語教師

つながる学び

コースでめざす人材像

「経済」「経営」の2つの視点と社会に貢献する姿勢を備え、企業人、社会の一員として主体的に行動できる人

コースで身につく力
  • 経済と経営の2つの視点で社会と企業の行動を捉えて理解する力
  • 環境や貧困などの社会的課題の解決をめざすソーシャル・ビジネスのスキル
  • ビジネスだけでなく社会人として必要なソーシャルスキル(他者と協働する力)
コースの学び方
  1. 1年経済学と経営学の基礎と、社会を多角的に見る力を磨きます。
  2. 2年経済・経営を中心に社会の幅広いテーマに目を向けて学びます。
  3. 3年企業や地域と連携した授業などで実践的に学ぶことができます。
  4. 4年学んだ知識や経験を活かして卒業論文を執筆します。

コースの学び方 経済・経営コース

コースコア科目は、所属コースの学生に必ず履修してほしい科目です。
コースコア科目を中心に履修することで、コースの専門知識をより効率的に修得することができます。

コース科目

専門基礎科目

  • 経済学概論コースコア
  • 経営学概論コースコア

専門基幹科目

  • マーケティング基礎コースコア
  • 日本経済論コースコア
  • 簿記論
  • ミクロ経済学コースコア
  • マクロ経済学コースコア
  • 経営戦略論コースコア
  • 経営組織論コースコア

※「ミクロ経済学・マクロ経済学」または「経営組織論・マーケティング基礎」のいずれかの組み合わせで履修。

専門展開科目

  • 金融論Ⅰ・Ⅱ
  • 会計論
  • 経済統計学
  • 応用ミクロ経済学
  • 人材マネジメント論
  • マーケティング論
  • ソーシャル・ビジネス論
専門科目の担当教員
  • 三浦 潔 教授
    〈企業論〉
  • 筒井 義郎 教授
    〈経済学概論、応用ミクロ経済学〉
  • 平塚 力 准教授
    〈経営組織論、NPO論、ソーシャル・ビジネス論〉
  • 山本 真一 准教授
    〈ミクロ経済学、公共経済学〉
  • 多湖 雅博 講師
    〈経営学概論、経営戦略論、人材マネジメント論、マーケティング論〉
  • カラヴァシレヴ ヤニ ヴァシレヴ 講師
    〈日本経済論、マクロ経済学、経済統計学、労働経済学〉
  • 豊田 宏樹 助教
    〈金融論Ⅰ・Ⅱ〉
授業Pick up
ゼミナールPick up
ゼミナール/多湖ゼミ

時代とともに変化する経済と企業・業界の動きを合わせて考察。

「組織経営」をテーマに興味のある企業・業界の事例を調べてプレゼンテーションを行います。コロナ前後の業績や取り組みの分析、プラスチック製品の削減でSDGsに貢献する企業の事例など、過去との比較から「今」の社会・企業について理解を深めます。就職活動や将来の方向性を考える上でも役立つ力になります。

ゼミナール/三浦ゼミ

身近で便利なサービスに注目。

「映画やドラマなどの有料動画配信サービスの魅力」をテーマに研究をスタート。利用者の年齢層や類似サービスの比較研究に取り組みました。

新テーマで再スタート。

「同じテーマで研究を深めていくことに限界を感じ、テーマを変更。「ファストファッションの問題と展望」について、一から情報収集・分析を始めました。

新たな疑問をさらに追究。

ユニクロとGUの違いやその経営手法を分析。日本よりも海外での売上のほうが高く、海外のファンも多いことがわかり、その理由をさらに追究。

数字の分析だけでなく、その背景にある社会を多角的に見る分析力がUP!

オシャレを安く買える「ファストファッション」から、質の良いものを長く大切に着る「スローファッション」へと時代の流れが移り変わっています。その要因を社会や行動心理など多角的に考える力が身につきました。

ゼミナール/三浦ゼミ

内定者 Interview

大学での学びと経験を社会人としても成長し続ける力に。

少人数のゼミやフィールドワークでの学びを通して「コミュニケーション力」と「聞く力」が鍛えられました。また、軟式野球部での活動ではマネジメントの知識も役立ちました。ここでの学びと経験は、地域のニーズに耳を傾けてより良い商品を提案できる営業職になるための大きな力になると思います。

経済・経営と観光の分野を幅広く学び、社会で貢献できる自分の道を見つけました。

経営に興味があり、このコースを選択。軟式野球部でも活かせるチームマネジメントを学びたいと思っていました。

1年次のゼミで大学で学ぶ姿勢が身についた。

1年次のゼミでは、新書や新聞を読んで作者の意図を読み解く力を磨いたほか、興味のあるテーマを調べてプレゼンテーションにも取り組みました。自分が得た知識を他者にわかりやすく伝えるスキルが鍛えられました。

企業見学ができる授業で働くイメージを構築。

京都府南部地域の企業と連携して、地域と企業のつながりや中小企業の魅力を学ぶ「プロジェクト科目(地域)」を履修。製造業や商工会議所、市役所などを見学し、現場の方にお話を伺うことができました。少しずつ、自分の働くイメージを明確にしていくことができました。

フィールドワークでアニメの聖地巡礼を体験。

3年次ゼミでは、アニメの舞台になった石川県金沢市を訪ね、アニメの聖地巡礼の魅力についてフィールドワークを行いました。そのなかで驚いたのは、アニメに描かれていた「実際には存在しないお祭り」が地域活性化の取り組みとして地域行事に取り入れられたことです。市役所の方にもお話を伺うことができ、まちづくりや地域活性化、聖地巡礼による地域経済の変化についてなど、詳しく学ぶことができました。

経済・経営の学びで培った情報のアンテナを就活に活かす。

就職活動では、より多くの人の目にとまる商品を扱う営業職に就きたいと考えました。コロナ禍で家電の需要が高まっていることを経済・経営の学びのなかで知り、家具や家電、日用品など、良いものを安く提供する企業への就職をめざしました。

アイリスオーヤマ株式会社 就職

コース紹介ムービー
このページの先頭へ