学部・大学院

学部・大学院

総合社会学部
メディア・
社会心理コース

暮らしや社会、文化と人々の「こころ」の関わりを追究。
コミュニケーションや消費者心理、流行などについて学びます。

新聞・雑誌、テレビ、SNS、マンガ・アニメ、広告など、社会で情報がどのように伝えられているのか、どのような影響を与えているのかを学ぶ「メディア」分野と、日常生活における人の「行動・思考」の背景にある仕組み(こころ)を研究する「社会心理」分野の両方を学ぶことができます。

つながるシゴト

コースの学びと経験は、幅広い分野で活かすことができます。
例えば・・・

進路の方向性
  • マスコミ
  • IT企業
  • 広告関連
  • 販売職(百貨店・スーパー・専門店など)
  • マーチャンダイザー(流通やファッション関連企業で商品の仕入れや販売戦略を担当)
  • 公務員
  • 教員
  • 家庭裁判所調査官
  • 法務教官
  • 博物館学芸員
  • その他一般企業全般 ほか
取得できる資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状
  • 博物館学芸員
  • 社会調査士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 初級地域公共政策士
  • 日本語教師

つながる学び

コースでめざす人材像

現代社会の諸事情を社会心理学的な視点から分析する力、情報発信・表現するためのスキルや感性などを身につけた人材

コースで身につく力
  • 「人のこころと行動」とメディアの影響についての関連性を理解する力
  • メディアの影響を理解し、情報を発信・表現する力
  • 人の「こころ」と社会のつながりの影響について理解する力
コースの学び方
  1. 1年メディアとは何か、 社会心理とは何か? その基礎を学びます。
  2. 2年メディアや社会心理を中心に、社会の幅広いテーマを学びます。
  3. 3年メディアと人間の「こころ」の関係について各自のテーマを追究。
  4. 4年学んだ知識や経験を活かして卒業論文を作成します。

コースの学び方 メディア・社会心理コース

コースコア科目は、所属コースの学生に必ず履修してほしい科目です。
コースコア科目を中心に履修することで、コースの専門知識をより効率的に修得することができます。

コース科目

専門基礎科目

  • メディア研究概論コースコア
  • 社会心理学概論コースコア

専門基幹科目

  • コミュニケーションの心理コースコア
  • 社会心理学研究法コースコア
  • 認知科学
  • 文化社会学
  • 組織心理学
  • 人間行動学

専門展開科目

  • 色彩論
  • アートと社会
  • ネットワーク論
  • 映像メディア論
  • 人ポピュラー文化論
  • 文化心理学
  • 身体の文化論
専門科目の担当教員
  • 鵜飼 正樹 教授
    〈文化社会学、ポピュラー文化論〉
  • 奥野 克己 教授〈食とコミュニケーション〉
  • 河本 直樹 教授〈色彩論、アパレル流行論〉
  • 小林 康正 教授〈メディア史〉
  • 浅井 暢子 准教授
    〈コミュニケーションの心理、社会心理学研究法、消費行動の心理〉
  • 高橋 千晶 准教授〈アートと社会〉
  • 山崎 晶 准教授
    〈メディア研究概論、メディアリテラシー、メディア研究法〉
  • 谷口 友梨 講師
    〈社会心理学概論、組織心理学、文化心理学〉
授業Pick up
ゼミナールPick up
ゼミナール/浅井ゼミ

「弱い紐帯の強さ」の理論を学び人間関係について分析。

特に興味深かったのは、家族や親友などよりも「友達の知り合い」といった関係性の弱い人の方が、新しくて価値のある情報を提供してくれるという理論について学んだことです。身近な事例と照らしあわせ、社会的共同体の価値を考えることができました。

ゼミナール/浅井ゼミ

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    プレゼンテーションで
    1位を受賞

    ゼミで学生の就職活動における価値観を調査し発表。

  2. 2

    社会心理学の分野を
    中心に授業を履修

    人間関係の距離感とその心理的影響をゼミで研究。

  3. 3

    卒業論文に向けて
    テーマを模索

    興味のあるテーマを発表し、ゼミの仲間と意見交換。

  4. 4

    興味のあるテーマを
    とことん追究標

    前向きな言葉掛けが人に与える影響について研究。

卒業生Interview
株式会社マイナビ 就職

大学で学んだ消費者行動の知識が仕事でも強みに。

授業で消費者心理や広告が与える影響などを学んだほか、卒業論文では現代の「否定的な結婚観」についてアンケート調査を実施。自分の結婚感や人生観を見つめ直すきっかけになり、女性のライフイベントに関わる広告の仕事に就くきっかけにもなりました。

卒業生Interview

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    高校までとは異なる
    「学び方」の基礎を習得

    自分の興味のあることを追究するための基礎づくりに専念。

  2. 2

    商品に惹かれる理由を
    授業で分析

    消費者心理を学び、日常でも購買を促すさまざまな仕掛けを発見。

  3. 3

    企業から提示された
    課題に挑む

    不動産会社からの課題に取り組み、仲間と協働する楽しさを実感!

  4. 4

    現代の否定的な結婚観の要因を分析

    研究を通して自分の人生観を見つめ直し、就活にも活かされました。

コース紹介ムービー
このページの先頭へ