学部・大学院

学部・大学院

総合社会学部
公共政策コース

政府や企業などの行動に必要な「政策」の
立案・実行のあり方について学びます。

社会の問題・課題を発見・分析し、解決策としての「政策」を考える力を磨きます。政治学、法学、社会学、公共哲学などさまざまな視点からアプローチします。多角的な視点から組織や社会をよりよい方向に進めるための政策を立案・検討することに興味がある人にぴったりのコースです。

つながるシゴト

コースの学びと経験は、幅広い分野で活かすことができます。
例えば・・・

進路の方向性
  • 公務員
  • 教員
  • 地域の公共団体
  • 法律専門職
  • 地元金融機関
  • 地場産業
  • NPO
  • その他一般企業全般 ほか
取得できる資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状
  • 博物館学芸員
  • 社会調査士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 初級地域公共政策士
  • 日本語教師

つながる学び

コースでめざす人材像
  • 戦略的に思考できる人材
  • PDCA※サイクルで継続的に課題解決に取り組める人材
    ※計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Action)
コースで身につく力
  • 法学、政治学、社会学の視点から社会を見る力
  • 社会にある問題について政策の視点から解決策を考える力
  • 国の公共的な政策から地域のコミュニティや個人まで、さまざまな規模の方策を考える力
コースの学び方
  1. 1年法律学、政治学、社会学を学ぶための基礎を培います。
  2. 2年多彩な科目で問題発見・解決の力を磨きます。
  3. 3年法律、政治、経済、心理など幅広い分野に視野を広げて学びます。
  4. 4年学んだ知識や経験を活かして卒業論文を作成します。

コースの学び方 公共政策コース

コースコア科目は、所属コースの学生に必ず履修してほしい科目です。
コースコア科目を中心に履修することで、コースの専門知識をより効率的に修得することができます。

コース科目

専門基礎科目

  • 法学概論コースコア
  • 社会学概論コースコア

専門基幹科目

  • 国際関係論
  • 行政学
  • 現代史コースコア
  • 公共哲学コースコア
  • 公共政策コースコア

専門展開科目

  • 紛争と解決
  • 国際法総論
  • 民法Ⅲ・Ⅳ
  • 政治学総論
  • 行政法
  • 社会保障論
  • 家族・ジェンダー論
専門科目の担当教員
  • 遠藤 央 教授
    〈家族・ジェンダー論、現代史〉
  • 黒宮 一太 准教授
    〈日本政治論〉
  • 山崎 晶 准教授
    〈社会学概論〉
  • 山本 真一 准教授
    〈公共政策〉
  • 大西 貴之 講師
    〈法学概論、民法Ⅰ〉
授業Pick up
民法Ⅰ
民法Ⅰ

権利や財産を守る民法を人生の味方に。

契約、婚姻、親子関係、相続など、民法は人生のさまざまな局面と密接に関わっています。社会生活の基本法とも言われる民法が適用される具体例から理解を深めます。

デモクラシー論
デモクラシー論

望ましい政治のあり方を考える手がかりに。

国民の不満や反発に迎合して支持を集める政党は本当に国民の味方なのでしょうか? 「民主主義」という政治的意思決定の問題点や日本における民主主義について考えます。

ゼミナールPick up
ゼミナール/遠藤ゼミ

戦時中の画家の人生と
時代の変化について研究しています。

世界大戦で絵画は人々の士気を高めるために利用されていましたが、戦時中は英雄、敗戦後は戦争責任を問われるなど、作家の立場が大きく変化していきました。激動の戦争の時代を人々がどのように生き抜いたのか、興味深く分析しています。

ゼミナール/浅井ゼミ

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    日本政治について
    みんなで意見交換

    日本政治に関する多様な考え方を学びました。

  2. 2

    世界に目を向けて
    学んだ

    文化、法律、人権の捉え方など、日本と外国の違いを分析。

  3. 3

    戦時下の女性画家の
    生き方を調べました

    女性の戦争参加について興味を持ち、知識を深めました。

  4. 4

    戦争で変化する
    職業人の役割に注目

    戦時下の画家や作家の役割の変化を追究したいです。

卒業生Interview
滋賀県消防本部 湖南広域消防局 就職

学部の学びと公務員をめざす勉強をバランスよく両立し、夢を実現!

フィールドワークの機会が多く、宇治市の地形を調査し災害時の危険性を分析したほか、宇治市を世界的な著名都市にするための政策を考えて、卒業論文にまとめました。地域のことを知り、地域の未来について考える経験は、公務員をめざすうえでも役立ちました。

卒業生Interview

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    自主性と自立心が
    鍛えられました

    学部の勉強と公務員の勉強、軟式野球部の活動を両立!

  2. 2

    学内の公務員講座で
    計画的に勉強

    公務員試験に必要な数学の勉強を本格的にスタート!

  3. 3

    目標のひとつだった
    オーストラリア留学へ

    会話力を磨く英語の授業が楽しく、短期留学に挑戦!

  4. 4

    充実した公務員講座の
    サポートで夢を実現

    卒論は3年次にほぼ仕上げ、4年次は公務員試験に集中!

コース紹介ムービー
このページの先頭へ