学部・大学院

学部・大学院

総合社会学部
観光・地域デザインコース

観光学と地域デザインを実践的に学び、
観光分野やまちづくり、行政などで活躍できる力を磨く。

観光のための環境整備は地域振興の重要なキーワードです。観光による集客を高めるだけでなく、地域の住民の暮らしや、地域文化や資源を維持・発展させていくことも大切です。「観光」と「地域」は一緒に考え、地域の活性化に貢献するための知識や実践力を磨きたい人にぴったりのコースです。

つながるシゴト

コースの学びと経験は、幅広い分野で活かすことができます。
例えば・・・

進路の方向性
  • 旅行会社
  • 旅運輸・交通関連
  • 旅ツアーコンダクター
  • 旅旅行プランナー
  • ホテル・旅館など
  • テーマパーク
  • サービス業全般
  • まちづくりプロデューサー
  • 地元金融機関
  • 公務員、観光・文化関連団体
  • 教員
  • その他一般企業全般 ほか
取得できる資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状
  • 博物館学芸員
  • 社会調査士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 初級地域公共政策士
  • 日本語教師
Topics

「国内旅行業務取扱管理者」
資格取得

観光業界への就職にも活かせる!
合格者を毎年輩出!

観光業界をめざす人や観光に関する専門知識を学んだ成果として資格取得をめざす人に向けた「国内旅行業務取扱管理者」取得のサポートが充実しています。資格試験に向けた夏期対策講座があり、観光業界での実務経験を有する教員が丁寧に指導してくれます。合格までモチベーションを維持でき、何でも相談できるのが魅力です。

「国内旅行業務取扱管理者」資格取得

つながる学び

コースでめざす人材像
  • 観光やまちづくりに貢献できる人
  • 地域デザインに関する地域の課題を発見・解決するプロセスを描くことができる人材
コースで身につく力
  • 観光やまちづくりの力になる新しい資源を見つける力
  • 地域の魅力を伝えるイベントや企画をプロデュースする力
  • さまざまな地域と人をつなぎ、コミュニケーションを創出する力
コースの学び方
  1. 1年地域活性化の多様な方法を考えるための基礎を培います。
  2. 2年世界遺産やコンテンツツーリズムなど、観光の魅力を学びます。
  3. 3年地域や企業と連携し、地域活性化を実践的に学ぶ授業も。
  4. 4年学んだ知識や経験を活かして卒業論文を作成します。

コースの学び方 観光・地域デザインコース

コースコア科目は、所属コースの学生に必ず履修してほしい科目です。
コースコア科目を中心に履修することで、コースの専門知識をより効率的に修得することができます。

コース科目

専門基礎科目

  • 観光学概論コースコア
  • 地域デザイン概論コースコア

専門基幹科目

  • 地域調査法コースコア
  • 公共人類学

専門展開科目

  • 現代観光論
  • 観光政策論
  • 観光デザイン論
  • 観光コミュニケーション論
  • 都市と観光の社会学
  • サービス・ホスピタリティ論
  • 世界遺産論
  • 地域資源マネジメント論
  • スポーツと地域
  • 情報化社会と地域デザイン
  • 福祉と地域デザイン
  • 京都の暮らしと地域デザイン
  • 京都ツーリズム論
  • 音楽と癒し
専門科目の担当教員
  • 馬場 雄司 教授
    〈福祉と地域デザイン、音楽と癒し〉
  • 森 正美 教授〈地域デザイン概論〉
  • 片山 明久 准教授
    〈観光学概論、観光ビジネス論、現代観光論〉
  • 小林 大祐 講師
    〈現代都市計画論、コミュニティデザイン論、地域調査法、世界遺産論〉
  • 杉本 星子 教授〈情報化社会と地域デザイン〉
授業Pick up
観光ビジネス論
観光ビジネス論

観光ビジネス業界をめざす人に必須の力を培います。

航空、ホテル、鉄道など観光に関わるさまざまな業界の業務や経営戦略などを事例をあげながら紹介。観光ビジネスの中心となる旅行会社についても詳しく学びます。

コミュニティデザイン論
コミュニティデザイン論

自分の住む街を見直し、自ら進んでまちづくりの担い手になるために。

日本、イギリス、フィンランドなど、さまざまな国・地域の住環境保全やまちなみ保全、住宅と地域コミュニティなどの事例を取り上げ暮らしやすいまちづくりを考えます。

ゼミナールPick up
ゼミナール/片山ゼミ

コンテンツツーリズムでアニメ・映画のファンと地域をつなぐ。

大津市観光協会と連携してアニメ「ちはやふる」のコンセプトカフェを1日限定で実施しました。登場人物をイメージしたオリジナルメニューを考案したほかSNSなどでも情報を発信し、当日は予想を上回る大盛況! 地域に貢献する観光の魅力を体感できました。

ゼミナール/片山ゼミ

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    観光学概論が
    学びのヒントに

    授業でコンテンツツーリズムを知り興味を持ちました。

  2. 2

    フィールドワークで
    「聖地巡礼」を体験

    アニメの舞台となった地でフィールドワーク。

  3. 3

    ゼミで1日限定の
    カフェを運営

    近江勧学館で「ちはやふるカフェ」を実施しました。

  4. 4

    観光の魅力を
    さらに追究

    観光業界への就職を視野に観光の学びを深めました。

卒業生Interview
ルートインジャパン株式会社 就職

アニメのファンから地域のファンになり、地域貢献をめざす。

アニメの「聖地巡礼」で人気の静岡県沼津市を調査し、他府県との違いを分析して論文をまとめました。観光の新しいアイデアをたくさん発見し「自分もこの街の活性化に貢献したい」と思ったことが、ホテル業界への就職をめざす強い力になりました。

卒業生Interview

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    ゼミで初めての
    フィールドワーク

    酒蔵が人気の伏見エリアを調査し、観光プランの作成に挑戦。

  2. 2

    アニメの聖地巡礼を体験してレポートを作成

    京都や他府県の観光地に足を運んで観光の魅力を分析しました。

  3. 3

    「ちはやふるカフェ」を1日限定で実施

    店舗の空間設計やメニュー考案、広報活動なども実践で学びました。

  4. 4

    アニメの舞台として
    人気の沼津を調査

    調査を通して理想の地域貢献のあり方を発見し、ホテル業界に就職。

コース紹介ムービー
このページの先頭へ