学部・大学院

学部・大学院

臨床心理学部
子ども・
青年心理コース

人格形成の重要な時期である乳幼児期から青年期の
こころの発達と行動について学ぶ。

乳幼児期から青年期の「こころの発達」は、人格形成や人間的成長に深く関わっています。スクールカウンセリングや子育て支援について学びたい人、映画・マンガなどのサブカルチャーとこころの関係を知りたい人、LGBTなどセクシャル・マイノリティについて理解を深めたい人などにおすすめのコースです。

つながるシゴト

コースの学びと経験は、幅広い分野で活かすことができます。
例えば・・・

進路の方向性
  • 一般企業
    人事、労務、商品企画、広報、宣伝、広告、販売など
  • 医療・福祉施設等
    病院・児童養護施設、児童館、特別養護老人ホーム、知的障害者厚生施設など
  • 公務員(心理職)
    法務教官、矯正心理専門職、保護観察官、家庭裁判所調査官、地方公務員(心理職・福祉職)
  • 精神保健福祉士 資格取得
    精神科病院、心療内科クリニック、保健所、精神保健福祉センター、精神障害者生活訓練施設など
  • 公認心理師・臨床心理士 資格取得(大学院進学)
    精神科病院、心療内科クリニック、保健所、精神保健医療・福祉・教育・産業・司法などの分野で専門職
取得できる資格
  • 高等学校教諭一種免許状
  • 公認心理師(受験資格)
    ※卒業後、指定大学院への進学もしくは実務経験を要します
  • 精神保健福祉士(受験資格)
  • 博物館学芸員
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 初級地域公共政策士
  • 社会福祉主事任用資格

つながる学び

コースの学び方
  1. 1年心理学・臨床心理学の基礎を学ぶ
    臨床心理学とコミュニケーションの基礎を学びます。
  2. 2年子ども・青年領域に関するテーマを探る
    乳幼児期から青年期のこころと行動について学びを深めます。
  3. 3年各自のテーマを文献や調査で深める
    学校や児童福祉施設、更生施設などの現場を訪ねる機会も。
  4. 4年卒業論文をまとめる
    各自のテーマで調査・実験・文献研究を行い、卒業論文を作成。
コース推奨科目

専門基礎科目

  • 教育・学校心理学
  • 発達臨床学
  • セクシュアリティと心理臨床

専門コミュニケーション科目群

  • 臨床心理学実践演習(カウンセリング1)
  • 臨床心理学実践演習(カウンセリング2)
  • 臨床心理学実践演習(グループアプローチ1)
  • 臨床心理学実践演習(グループアプローチ3)
  • 臨床心理学実践演習(芸術療法3)
専門科目の担当教員
  • 香川 克 教授
    〈青年の心理と行動、教育・学校心理学〉
  • 高石 浩一 教授
    〈臨床心理学実践演習(グループアプローチ1)〉
  • 濱野 清志 教授
    〈臨床心理学実践演習(芸術療法3)〉
  • 三林 真弓 教授〈子ども学〉
  • 柴田 長生 教授〈発達臨床学〉
  • 石井 佳葉 講師
    〈臨床心理学実践演習(カウンセリング1)〉
  • 浦野 由平 講師
    〈臨床心理学実践演習(カウンセリング2)〉
授業Pick up
ゼミナールPick up
ゼミナール/香川ゼミ

物事や言葉の背景にあるものを
「考え抜く」大切さを学びました。

カウンセラーがクライアントと信頼関係を築くために必要な「自己開示」の基礎を学んだほか、スクールカウンセリングの事例研究などにも取り組みました。ひとつの事例に対してさまざまな意見が飛び交い、先生のわかりやすい解説で理解が深まります。

ゼミナール/香川ゼミ

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    何事にも興味津々で
    授業を受講

    授業で疑問に思ったことは先生に積極的に質問!

  2. 2

    インターンシップで
    学びを活かす

    福祉施設での仕事を体験し傾聴力が活かされました。

  3. 3

    大学院進学を視野に
    勉強スタート

    心理学に関する論文をたくさん読みました。

  4. 4

    学び続け、
    視野が広がった

    幅広い視野で物事を捉え、柔軟に考える力が身につきました。

卒業生Interview
京都中央信用金庫 就職

臨床心理学の知識と技術を仕事と人生に活かす。

卒業論文では「音楽がスポーツ選手に及ぼす影響」について調べ、リズムとテンポが脈拍数や行動に影響することがわかりました。自分の行動やチームのマネジメントに活かせる心理学の学びを、自分の人生と仕事に活かしていきたいと思っています。

卒業生Interview

“ぴったり”発見・成長のステップ
  1. 1

    高校まで続けた野球を
    大学でも継続

    心理学の基礎的な学びと軟式野球部の活動を両立し忙しい毎日。

  2. 2

    心理学を
    多角的な視点で学習

    学部の専門科目に加え、総合社会学部の社会心理学も履修。

  3. 3

    部活のマネジメントに
    学びが活かされた

    一人ひとりに合った伝え方で個性を引き出し、チームが成長!

  4. 4

    部活と勉強、
    就職活動に全力

    意識を変えれば行動も変わる。その学びが成長の力になりました。

コース紹介ムービー
このページの先頭へ