産業心理臨床家養成プログラム概要

産業心理臨床家養成プログラム

産業メンタルヘルスに関わる皆さまに

うつ病、自殺対策、新入社員の離職など、現代社会において心理的ケアは重要課題となっています。「産業心理臨床家養成プログラム」では、職場におけるメンタルヘルス対策を推進し、その実効性を高めていける人材を育成します。プログラムの講師には、この分野における国内第一級の専門家に加わっていただき、産業場面で有効な心理臨床の技法、産業精神保健に関する知識を網羅的に学ぶことができます。また、心理職だけでなく、看護師、保健師、精神保健福祉士、企業人事労務担当者など、多職種間の情報交換や学び合いが実現できるよう工夫していきます。

産業心理臨床家養成プログラム

プログラムについて

年間20週40コマの講義を2年間受講していただき、産業保健活動に関する知識を、基礎的なものから実践的なものまで学んでいただけます。内容は、A群(産業心理臨床固有と考えられる実践場面についての知識や技術)、B群(産業心理臨床固有ではないが、産業場面で有用と思われる臨床心理学の技術)、C群(企業、経営、組織など、産業場面で必要となる臨床心理学外の知識)D群(実践指導。事例検討、演習など)の4群から構成されています。受講者は、公認心理師・臨床心理士資格を持つ者から資格取得見込み者(大学院修了者)までを対象としたレベルのものになっていますが、産業現場で健康管理業務を担当する保健師、看護師、人事労務スタッフ、産業カウンセラーや大学院在籍者も受講できるように講義内容に配慮をしています。関心をお持ちの方々の積極的な参加をお待ちしております。

各種プログラムの
ご参加・ご相談はこちら

産業心理臨床家養成プログラム