訪問者別メニュー

大学案内

教育方針

京都文教短期大学は「仏教精神に基づく人間育成」を建学の精神としています。本学の学則には、「本学は仏教精神に基づき、教育基本法及び学校教育法の趣旨に則り、社会生活並びに職業に必要な知識、技術を与え、高い教養と正しい判断力を養い、もって健全にして有能な人材を育成することを目的とする。」と、明記しています。
各学科においては、「建学の精神」及び「教育研究及び人材育成の目的」に基づき、「学位授与の方針」の中に、学科としての具体的な人材育成の目標を現しています。

短期大学士課程の教育方針

【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】

京都文教短期大学の学位授与に関する方針は、次の通りです。

  • DP1 社会人に求められる教養と専門分野において必要な知識を確実に身につけている。〔知識・理解〕
  • DP2 専門的な技術を確実に修得し、コミュニケーション能力を身につけて、これらを活用することができる。〔技術・表現〕
  • DP3 身につけた知識や技術を活用しながら判断して、表現することがきる。〔判断・表現〕
  • DP4 他者と協力し、主体的にさまざまな問題解決に取り組むことができる。〔意欲・態度〕
【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】

本学では、「学位授与の方針」に定められた4つの能力を身につけるために、下記の表に示す2つの科目群(総合教養科目、学科専門科目)を基盤とした教育課程を設け、各科目群のねらいに応じて重点箇所を◎(特に重点を置いている能力)と◯(重点を置いている能力)で示しています。教育課程は、各授業科目を卒業必修科目と選択科目に分け、これを各年次に配当し、講義、演習、実技の適切な方法により実施しています。

総合教養科目(共通科目)

各学科の教育目標である「社会に貢献できる人材の育成」の根幹を成す科目を学科共通の総合教養科目として開講し、豊かな人間性と感性、確固たる倫理観を培う「建学の精神」、社会人としての教養を養う「現代の教養」、および考える力と問題を発見し解決する力を身につける「キャリア教育」を置いています。

科目群 学年配当 DP1 DP2 DP3 DP4 各科目のねらい





建学の精神 1   仏教精神に基づく豊かな人間性と倫理観を培う。
現代の教養 1~2 社会人として必要な教養(知識と技術)を身につけ、活用できる力を養う。
キャリア教育 1   体験や実践を通して考える力と問題を発見し、解決する力を身につける。

※総合教養各科目のDP「学位授与の方針」を示したカリキュラムチェック表は、各学科のカリキュラムチェック表と同じページで確認できます。

領域解説
〔建学の精神〕

「仏教精神に基づく人間育成」を建学の精神としていることから、建学の精神の涵養のために、4つの科目を設置しています。まず、仏教学入門(1回生前期)及び、自校史を学ぶ(1回生後期)を必修科目として、他に2つの選択科目(生活の中の仏教、人間と宗教)を設置しています。

〔現代の教養〕

広い知識と教養を身につけることは、学生生活のみならず人生にとって自分自身の財産となります。また、各学科での専門教育の理解を深めるうえでも重要です。この領域では、「くらし」「こころ・からだ・健康」「芸術・文化」をキーワードに、広く教養を身につけられるよう科目を設置しています。

〔キャリア教育〕

本学では、キャリア社会に求められる社会人力を身につけた人材の養成を各学科の目標の一つとしています。その為、社会人としての常識とスキルの基礎を学ぶ科目を設置しています。また、1回生前期に初年次セミナーを必修科目として開講することで、大学での学び方を身につけます。

ライフデザイン学科 3つのポリシー

【教育目標(教育研究及び人材育成の目的)】

ライフデザイン学科では、生活の様々な要因を人と環境に関する観点から総合的に捉え、積極的・主体的に行動する態度と健全で豊かな生活を構築するための知識と技術を修得し、問題発見力・問題解決力・社会人基礎力・情報活用力を身につけて、社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】

京都文教短期大学の学位授与の方針を前提として、本学科では卒業時に学生が身につけておくべき6つの能力を定め、これらの能力を身につけることを到達目標とするカリキュラムを編成しています。本学は、所定の期間在学し、所定の単位の修得をもって教育目標(教育研究及び人材育成の目的)を達成したものとみなし、短期大学士(家政学)の学位を授与します。

  • DP1 生活に必要な知識と企業や社会で求められる知識を身につけている[知識・理解]
  • DP2 生活に必要な技術と企業や社会で求められる技術を身につけている[技術・表現]
  • DP3 身につけた知識や技術を活用し、表現することができる[判断・表現]
  • DP4 他者と協力し、主体的にさまざまな問題解決に取り組むことができる[意欲・態度]
  • DP5 生活を健全で豊かにする方法を実践的に取り組むことができる[意欲・態度]
  • DP6 独創性のある発想ができ、それを実現するための計画を立て、行動することができる[意欲・態度]
【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】

本学科では、「学位授与の方針」に定めた能力を身につけるために、総合教養科目(共通科目)と専門科目を基盤とした教育課程を設けています。各科目群のねらいに応じて重点箇所を◎(特に重点を置いている能力)と◯(重点を置いている能力)で示しています。教育課程は、各授業科目を卒業必修科目と選択科目に分け、これを各年次に配当し、講義、演習、実技の適切な方法により実施します。

《学科専門科目》

職業現場における様々な諸問題に取り組むことのできる能力を身につけた人材を育成するための科目を学科専門科目として開講し、社会と生活に関わる基礎的な知識を身につける講義、専門的な技術を習得する演習・実技、さらに総合的な能力を駆使して課題に取り組み、探求する研究ゼミナールを置いています。

科目群 学年配当 DP1 DP2 DP3 DP4 DP5 DP6 各科目のねらい



講義 1〜2         社会と生活に関わる知識を身につける。
演習 1〜2       社会と生活に関わる様々な課題に対して思考し、表現する方法を身につける。
実技 1〜2       社会と生活に関わる技術を身につける。
研究ゼミナール 2         学科での学びを通じて身につけた能力を総合的に駆使して、自分の課題に取り組み、探求する。

※各科目のDP「学位授与の方針」を示したカリキュラムチェック表

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

京都文教短期大学は、高等学校教育で習得した基礎学力の上に、豊かな教養と専門教育を実施し、謙虚にして、誠実で、親切な人格の形成に努め、健全にして有能な人材並びに良き社会人を育成することを目標としています。本学ではこの目標の実現に向けて、次のような人の入学を期待しています。

  1. 短期大学での学習に必要な一定水準の基礎学力を身につけている人
  2. 本学の建学の精神、教育方針に共感し、意欲的に学ぶ姿勢のある人
  3. 社会人並びに専門職業人として社会に貢献できる人

ライフデザイン学科では、生活者として必要な能力と社会人基礎力を修得し、幅広い分野の学習により専門性と人間力を養い、社会から信頼される人材を育成します。ライフデザイン学科では次のような人を求めています。

  1. 社会人基礎力やビジネスマナーを身につけ、即戦力として社会に貢献したい人
  2. 健全で豊かな生活を目指し社会人として自立しようとする目的意識を持っている人

例えば、高等学校などで以下のような学習経験のある人の入学を期待しています。

  1. 家庭科や美術で作品づくりや調理を経験している人
  2. 情報などでコンピューターを活用した学習を経験している人
  3. 公民などで社会の仕組みについて広く学習している人
  4. 国語で適切に話したり書いたりする学習をしている人

食物栄養学科 3つのポリシー

【教育目標(教育研究及び人材育成の目的)】

食物栄養学科では、食と健康に関する専門的な知識と技能を修得し、望ましい食生活を実践して、提案する力を身につけます。社会人基礎力として特にコミュニケーション力、問題発見・解決力を涵養し、協働性を高め、人々の豊かで健康的な食生活を支援することを通して、社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】

京都文教短期大学の学位授与の方針を前提として、本学科では卒業時に学生が身につけておくべき4つの能力を定め、これらの能力を身につけることを到達目標とするカリキュラムを編成しています。本学は、所定の期間在学し、所定の単位の修得をもって教育目標(教育研究及び人材育成の目的)を達成したものとみなし、短期大学士(家政学)の学位を授与します。

  • DP1 食と健康に関して幅広い知識を身につけている。〔知識・理解〕
  • DP2 健康で安全な食生活を実現するための技能を身につけている。〔技能・表現〕
  • DP3 身につけた知識や技能を活用し、表現することができる。〔判断・表現〕
  • DP4 他者と協力し、主体的にさまざまな問題解決に取り組むことができる。〔意欲・態度〕
【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】

本学科では、「学位授与の方針」に定めた能力を身につけるために、総合教養科目(共通科目)と専門科目を基盤とした教育課程を設けています。各科目群のねらいに応じて重点箇所を◎(特に重点を置いている能力)と◯(重点を置いている能力)で示しています。教育課程は、各授業科目を卒業必修科目と選択科目に分け、これを各年次に配当し、講義、演習、実験の適切な方法により実施します。

《学科専門科目》

職業現場における様々な諸問題に取り組むことのできる能力を身につけた人材を育成するための科目を学科専門科目として開講し、食と健康に関わる基礎的な知識を身につける講義、専門的な技能を習得する演習・実験、さらに総合的な能力を駆使して課題に取り組み、探求する卒業研究を置いています。

科目群 学年配当 DP1 DP2 DP3 DP4 各科目のねらい



講義・演習 1〜2 食と健康に関する知識を身につける。
実験・実習 1〜2   健康で安全な食生活を実践するために必要な技能を身につける。
卒業研究 2     学科での学びを通じて身につけた能力を総合的に駆使して、自分の課題に取り組み、探求する。

※各科目のDP「学位授与の方針」を示したカリキュラムチェック表

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

京都文教短期大学は、高等学校教育で習得した基礎学力の上に、豊かな教養と専門教育を実施し、謙虚にして、誠実で、親切な人格の形成に努め、健全にして有能な人材並びに良き社会人を育成することを目標としています。本学ではこの目標の実現に向けて、次のような人の入学を期待しています。

  1. 短期大学での学習に必要な一定水準の基礎学力を身につけている人
  2. 本学の建学の精神、教育方針に共感し、意欲的に学ぶ姿勢のある人
  3. 社会人並びに専門職業人として社会に貢献できる人

食物栄養学科では、食と健康に関する知識と技能を総合的に学び、確かな専門性と人間性を備え、社会から信頼される人材を育成します。食物栄養学科では、次のような人を求めています。

  1. 食と健康に関心を持ち、知識と技能を身につけたい人
  2. 望ましい食生活を実践する力を身につけたい人
  3. 栄養士など食の専門家として社会に貢献しようとする明確な目的意識を持っている人

例えば、高等学校などで以下のような学習経験のある人の入学を期待しています。

  1. 総合的な学習の時間で、問題解決型学習を経験している人
  2. 学校行事や部活動などの課外活動で、目標を設定し積極的に取り組んだ経験をしている人
  3. 進路を考える時間で、食に関する職業として栄養士などを調べたことがある人
  4. 家庭科の授業などで、自分や家族の健康的な食生活について調べた経験がある人
  5. 家庭科の授業などで、グループで食事づくりをおこなった経験がある人

幼児教育学科 3つのポリシー

【教育目標(教育研究及び人材育成の目的)】

幼児教育学科では、保育に関する専門的な知識と技術を修得し、柔軟な思考力と表現力、子どもを理解する力を養います。変化し続ける社会に興味・関心をもち、状況を的確に見極める判断力と適切な態度を身につけます。子ども・大人の別なく他者とコミュニケーションをとり、自らを振り返りながら主体的・意欲的に社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】

京都文教短期大学の学位授与の方針を前提として、本学科では卒業時に学生が身につけておくべき4つの能力を定め、これらの能力を身につけることを到達目標とするカリキュラムを編成しています。本学は、所定の期間在学し、所定の単位の修得をもって教育目標(教育研究及び人材育成の目的)を達成したものとみなし、短期大学士(幼児教育学)の学位を授与します。

  • DP1 保育に関して幅広い知識を身につけている。〔知識・理解〕
  • DP2 保育に必要な技術を身につけている。〔技術・表現〕
  • DP3 身につけた知識や技術を活用し、表現することができる。〔判断・表現〕
  • DP4 他者と協力し、主体的にさまざまな問題解決に取り組むことができる。〔意欲・態度〕
【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】

本学科では、「学位授与の方針」に定めた能力を身につけるために、総合教養科目(共通科目)、専門科目を基盤とした教育課程を設けています。各科目群のねらいに応じて重点箇所を◎(特に重点を置いている能力)と◯(重点を置いている能力)で示しています。教育課程は、各授業科目を卒業必修科目と選択科目に分け、これを各年次に配当し、講義、演習、実技の適切な方法により実施します。

《学科専門科目》

保育現場における様々な問題に取り組むことのできる人材を育成します。そのための科目を学科専門科目として開講しています。保育に関する基礎的な知識を身につける講義、専門的な技術や表現方法を身につける演習・実技、さらに知識や技術を総合的に活かして課題を探究する保育ゼミを置いています。

科目群 学年配当 DP1 DP2 DP3 DP4 各科目のねらい



講義 1〜2   保育に関する知識を身につける。
演習 1〜2 保育に関する様々な課題に対して思考し、表現する方法を身につける。
実技 1〜2     保育に関する技術を身につける。
保育ゼミ 2 身につけた知識・技術を総合的に活かして、他者と協力しながら、自分の課題を探究する。

※各科目のDP「学位授与の方針」を示したカリキュラムチェック表

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

京都文教短期大学は、高等学校教育で習得した基礎学力の上に、豊かな教養と専門教育を実施し、謙虚にして、誠実で、親切な人格の形成に努め、健全にして有能な人材並びに良き社会人を育成することを目標としています。本学ではこの目標の実現に向けて、次のような人の入学を期待しています。

  1. 短期大学での学習に必要な一定水準の基礎学力を身につけている人
  2. 本学の建学の精神、教育方針に共感し、意欲的に学ぶ姿勢のある人
  3. 社会人並びに専門職業人として社会に貢献できる人

幼児教育学科は、乳幼児の保育と教育に関する知識や技術を総合的に学び、子どもの育ちに寄り添う幅広い専門性と人間力を備えた、社会に貢献できる人材を育成します。幼児教育学科では、次のような人を求めています。

  1. 幼稚園教諭や保育士として社会に貢献することを目指し、主体的に学びつづける意欲をもつ人
  2. 子ども・大人の別なく他者とコミュニケーションをとることができる人
  3. 変化し続ける社会に興味・関心をもち、感性豊かに自然や環境を感じ取れる人
  4. 音楽や造形、体育を楽しみ、保育実践に活かせる技術として高める努力をおしまない人

ページの先頭へ戻る

関連リンク