広がる可能性へ、飛び込もう。

CLOSE
大学案内
COLLEGE GUIDE

沿革

pic

京都文教短期大学は学校法人京都文教学園(旧 家政学園)によって設置されています。本学園は1904年(明治37年)、京都の名刹法然院の獅子谷仏定上人の発願によって、高等家政女学校が創設されたことに始まり、大正に至って大島徹水上人(後に芝増上寺法主)を第3代校長に迎えて飛躍し、高等家政女学校に加えて京都女子厚生専門学校を設置するに至りました。
終戦後は学制改革に伴って家政学園中学校、同高等学校を、1960年(昭和35年)には家政学園短期大学を設置。
1980年(昭和55年)には3学科6専攻の短期大学に発展したことを契機に京都文教短期大学に名称変更、その間幼稚園、小学校を併設して、今日では仏教精神にもとづく人間教育を誠実に実践する京都有数の学園として確固たる地位を占めています。
1994年(平成6年)、家政学園創立90周年を迎えるに当たり、文化人類学科と臨床心理学科からなる4年制の京都文教大学人間学部の設置を文部省に認可申請、1995年(平成7年)、既設の家政学園中・高等学校を京都文教女子中学校・高等学校(現 京都文教中学校・高等学校)に変更して校名を統一し、1996年(平成8年)には京都文教大学が開学しました。
大学開学後2000年(平成12年)修士課程を置く大学院を開設、学問の都「京都」にふさわしい総合学園への道を着実に歩んでいます。
2002年(平成14年)家政学園創立100年という大きな節目を控え、より一層の発展を期して、法人名で家政学園から京都文教学園に変更しました。

  • 明治37年
    (1904)
    高等家政女学校設立認可。下京区烏丸松原因幡薬師に開校。
  • 大正5年
    (1916)
    寺町四条大雲院に校舎新築移転。
  • 昭和9年
    (1934)
    左京区岡崎円勝寺町5(東山仁王門)に校舎新築移転。
  • 昭和20年
    (1945)
    京都女子厚生専門学校(旧制)設立認可開校。
  • 昭和22年
    (1947)
    6・3・3制学制により家政学園中学校設置。
  • 昭和23年
    (1948)
    新学制により家政学園高等学校設置。
  • 昭和30年
    (1955)
    家政科専修学部設置。創立50周年記念式典挙行。
  • 昭和33年
    (1958)
    校地拡張。仁王門通りへ進出。
  • 昭和35年
    (1960)
    家政学園短期大学設置認可。家政学科開講、三枝樹正道学長に就任。
  • 昭和36年
    (1961)
    京都家政短期大学に校名改称。
  • 昭和37年
    (1962)
    服飾意匠学科増設開講。専攻科家政学専攻増設。
  • 昭和38年
    (1963)
    栄養専修課程設置。栄養士養成施設としての指定を受く。
  • 昭和39年
    (1964)
    附属幼稚園(現 附属家政城陽幼稚園)を城陽町に開園。
    京都府宇治市槇島町に新校地購入。
  • 昭和40年
    (1965)
    学園創立60周年記念式典挙行。現在地に1号館・2号館新築。同地に服飾意匠学科移転。
  • 昭和41年
    (1966)
    幼児教育学科増設開講。3号館・4号館新築。
  • 昭和42年
    (1967)
    家政学科、宇治市に移転(短大の移転完了)。5号館・6号館新築。校地拡張。
  • 昭和43年
    (1968)
    寄宿舎(月影寮)竣工。
  • 昭和44年
    (1969)
    9号館・10号館竣工。
  • 昭和45年
    (1970)
    服飾意匠学科、服飾専攻と意匠専攻に分離。
    保母養成学校としての指定を受く。校地拡張。
  • 昭和46年
    (1971)
    幼児教育学科を改組して、児童教育学科として、幼児教育専攻と初等教育専攻に分離。
  • 昭和48年
    (1973)
    4号館改築。12号館改築。寄宿舎(月影寮)増築。
  • 昭和49年
    (1974)
    学園創立70周年記念式典挙行。家政学科を生活科学専攻と食物栄養専攻に分離。
    13号館・至道館(図書館・同窓会館)竣工。
  • 昭和50年
    (1975)
    大橋俊有 学長に就任。
  • 昭和54年
    (1979)
    専攻科児童教育学専攻増設。
  • 昭和55年
    (1980)
    京都文教短期大学に校名改称。
  • 昭和57年
    (1982)
    付属小学校開校。
  • 昭和59年
    (1984)
    7号館増築。
  • 昭和60年
    (1985)
    学園創立80周年記念式典挙行。中・高校正道館竣工。
  • 平成2年
    (1990)
    大河内良孝 学長に就任。
  • 平成3年
    (1991)
    開学30周年記念 同唱館・光暁館竣工。
  • 平成4年
    (1992)
    家政学科生活文化専攻増設開講。
  • 平成8年
    (1996)
    学園創立90周年記念事業。京都文教大学人間学部(文化人類学科・臨床心理学科)開学。
    普照館・新体育館竣工。
  • 平成9年
    (1997)
    伊藤唯真 学長に就任。服飾意匠学科廃止。恵光館竣工。
  • 平成12年
    (2000)
    京都文教大学大学院(文化人類学研究科修士課程・臨床心理学研究科修士課程)開設。
    弘誓館・常照館竣工。
  • 平成14年
    (2002)
    学校法人京都文教学園に法人名を改称。
    京都文教大学大学院(臨床心理学研究科臨床心理学専攻 博士(後期)課程)開設。
  • 平成16年
    (2004)
    学園創立100周年。人間生活専攻開設。京都文教大学人間学部現代社会学科開設。
  • 平成17年
    (2005)
    食物栄養専攻 栄養教諭二種免許状課程認定。
  • 平成18年
    (2006)
    時習館(クラブボックス)竣工。
  • 平成19年
    (2007)
    児童教育学科改編(幼児教育専攻・初等教育専攻統合)。
  • 平成20年
    (2008)
    安本義正 学長に就任。
    京都文教大学 臨床心理学部開設。
  • 平成21年
    (2009)
    家政学科人間生活専攻を家政学科健康生活デザイン専攻に名称変更。
    児童教育学科を幼児教育学科幼児教育専攻に名称変更。
  • 平成22年
    (2010)
    京都文教短期大学開学50周年式典挙行。
    月照館、サロン・ド・パドマ竣工。
  • 平成23年
    (2011)
    ライフデザイン学科開設、家政学科健康生活デザイン専攻学生募集停止。
    家政学科食物栄養専攻を食物栄養学科に名称変更。
  • 平成24年
    (2012)
    京都文教大学人間学部文化人類学科・現代社会学科を総合社会学部に名称変更。
  • 平成28年
    (2016)
    京都文教短期大学幼児教育学科幼児教育専攻を幼児教育学科に名称変更。
  • 平成31年
    (2019)
    平岡聡 学長に就任
  • 令和2年
    (2020)
    開学60周年
  • 令和3年
    (2021)
    森井秀樹 学長に就任
  • 令和3年
    (2021)
    開学60周年記念事業
  • 令和5年
    (2023)
    ライフデザイン総合学科ライフデザインコース/栄養士コース開設
    ライフデザイン学科、食物栄養学科学生募集停止

広がる可能性へ、飛び込もう。

2024 OPEN CAMPUS
次回
5/12(日)