大学案内
学科紹介
入試イベント
入試情報
キャンパスライフ
就職・資格
地域連携・生涯学習
図書館
研究
アクセス

広がる可能性へ、飛び込もう。

CLOSE
トピックス
topics
学長MESEN

第1回 知恩院へ行って来ました。

こんにちは、学長の森井です。
京都文教短期大学(通称:文短、ぶんたん)のホームページがリニューアルしました。開学62年の歴史とまだまだ元気に前進する文短の姿を多くの人たちに知ってもらいたいと思っています。
このブログでは、学長目線で文短の行事や施設、教職員との対談、時には私的な事など、写真や動画とともに紹介したいと思います。

第1回は、1月14日(土)に実施した「尋源(じんげん)研修」について報告します。当日は朝から雨、寒い中でしたが2年生の学生達と教職員が、卒業報告を兼ねて知恩院を訪れました。

京都文教短期大学は、浄土宗の宗門校です。行事として入学して直ぐと、卒業前に浄土宗総本山知恩院へお参りに行きます。本堂(御影堂)での “ぴーん!”と張り詰めた空気の中、手を合わせ、南無阿弥陀仏を唱える。普段の生活では感じられない緊張感があります。私は、僧籍者(お坊さん)ではありません。頭は僧籍風??? しかし、毎年この緊張感を楽しみにしています。午後からは自由時間...妻と娘に頼まれた「みたらし団子」を買うために河原町の「梅園」へ、ここの“みたらし団子”と“黒糖のわらび餅”は絶品です!

おっと・・・話を戻して、

知恩院は、法然上人を開祖とする浄土宗の総本山です。江戸幕府を開いた徳川家康が、実母である「於大の方(おだいのかた)」を供養するため、現在の地に御影堂を建てられました。その様なご縁から、今年の大河ドラマ「どうする家康」の主演である松本 潤さんもお参りに来たそうです。今年は「知恩院」が熱くなるかもしれませんね。

京都文教短期大学学長 森井秀樹

広がる可能性へ、飛び込もう。

2024 OPEN CAMPUS
次回
3/10(日)