訪問者別メニュー

学科紹介

幼児教育学科

幼児教育学科
Q&A

Q.幼児教育学科ではどのような勉強をするのですか?

A.保育者に必要な知識や技能を習得します。

2年間の学習で、幼稚園教諭免許と保育士資格の取得を目指します。短期間で保育者に必要な知識や技能を身につけられるようなカリキュラムを整えています。また学習の成果があがるように教職員が全力でサポートしています。こども音楽療育士を取得するための体制も整えています。

Q.保育者になるためには、どのような実習をするのですか?

A.幼稚園・保育所・施設での実習があります。

実習は、授業で学習した知識や技能がどれくらい身についているか確かめる機会です。子どもと過ごすことで「私が目指す保育者像」を具体的なものにしています。子どもに接するときに重要なのは、あなたの表情や言葉づかいです。今から気をつけてくださいね。

Q.入学までに何を勉強しておけばいいですか?

A.子どもへの関心とピアノの技術を高めてください。

保育現場ではピアノを弾く機会が数多くあります。できるだけ早くピアノの練習を始めてください。本学では、入学後「バイエル教則本70番」以降から授業を行います。入学時までに各自練習をしておいてください。子どものことば・生活・あそびなどに関心を持ち、その世界を調べてみましょう。

Q.子どもと関わる機会はありますか?

A.キャンパス内で子どもたちと交流できます。

本学には附属幼稚園があり、園児たちの前で授業の成果を発表したり、実際に園児といっしょに運動あそびを行うこともあります。また、学内に子育て支援室「ぶんきょうにこにこルーム」が開設されていて、連日、地域の子育て真っ最中の親子が利用されています。乳幼児やお母さんたちと直接ふれあうことができ、大型絵本の読み聞かせや授業で作製したエプロンシアターを披露する機会にもなっています。

Q.幼稚園や保育所への就職状況について教えてください。

A.多くの求人により、希望の進路を実現しています。

2016年3月卒業生の就職決定率は100%。幼稚園教諭や保育士の免許・資格を取得した学生は、ほぼ希望通りの進路を実現しています。この結果は、本学卒業生の社会での実績に支えられているとともに、学生自身の意識の高さによるものといえます。

経験者がお答えします! 甲賀市職員(保育士・幼稚園教諭)就職
幼児教育学科
2017年3月卒業
滋賀県立甲西高校出身

Q.保育者になるための就職活動はどのように取り組めばいいのでしょうか?

A.公務員試験対策講座や模擬面接で早期対策を!

地元の公立の保育所で働きたいと思っていたので、市のホームページなどで募集情報をこまめにチェックするようにしていました。学内で受けられる公務員試験の対策講座を受講し、授業の空き時間も勉強にあてました。保育の専門知識を問われる試験は、大学の授業をしっかり理解できていれば大丈夫! 同じ市の試験を受けた先輩のレポートをもとに、模擬面接ができたことも心強かったです。

ページの先頭へ戻る

関連リンク