訪問者別メニュー

同窓会のご紹介

同窓会のご紹介

1960年家政学園短期大学が設置されてから、約36,000名の同窓会員で構成され、会員相互の親睦を図り、京都文教短期大学の発展に寄与することを目的とする団体です。
あおい会では少しでも会員の皆様へ情報提供できるとともに、会員相互の情報交換の場になるようにしたいと考えています。

会長挨拶

あおい会の皆さまにはご健勝にてお過ごしのこととお慶び申しあげます。
また、平素より同窓会活動や諸事業に対しまして、ご理解、ご支援、ご協力を賜りまして厚くお礼申しあげます。
さて、このたび2019年度役員改選に伴い、会長に就任させて頂く事になりました。どうぞよろしくお願い致します。私は幼児教育学科卒業の第9期生となります。当時は京都家政短期大学という名称で田んぼの中にぽつんと学舎があり、京阪丹波橋駅からスクールバスに乗り、特に宗教礼拝の日に限って国道24号線の渋滞で遅刻しないかとひやひやしたのも懐かしい思い出です。
礼拝では初代学長三枝樹正道先生が温和に、時には学生部長の中西慶全先生がユーモアたっぷりに、建学の精神である「謙虚にして真理探究」「誠実にして精進努力」「親切にして相互協同」の教えをエピソードにまじえてお話しいただきました。年を重ねると共に、その言葉の大切さを実感しておられる同窓生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
現在36,000名を超える会員の皆さまは、仕事に、子育てに、介護にと日々頑張っておられることでしょうが、ぜひ総会・懇親会や諸事業にご参加いただき、あおい会でのご縁を大切にしていただきたいと思います。
会員の皆様のご協力とご指導を頂きながら責務を全うしたいと思いますので、ご指導賜りますようお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。

合掌

京都文教短期大学同窓会
あおい会会長 馬場 芳江

ページの先頭へ戻る

関連リンク