広がる可能性へ、飛び込もう。

CLOSE
在学生の方へ
students

障がい学生支援

本学では、障がいや心身の病気などの理由により、授業や学生生活に困りごとのある学生が、
すべての学生と等しく教育や研究に参加できるよう、障がい学生支援室を設置し、学内の関係部署等と連携して
サポートを行っています。

どんな人が相談できるの?

大学生活を送る中で、こんな困りごとはありませんか?

  • 集中力が続かなくて、授業についていけない。
  • 相手の話していることが理解できない または 聞きとれない。
  • 人の話しを聞きながらメモをとったり、考えたり… 2つのことが同時にできない。
  • 心や体の調子が悪くて移動に時間がかかる…授業への遅刻が心配。
  • いつも課題に追われて、不安・心配な気持ちで過ごしている。
  • 自分の意見をうまくまとめられず発言できない または 書けない。
  • 手先の不器用さや動かしにくさがあり、書くことや実習などが難しい。
  • 大人数やグループワークの場でしんどい気持ちになる。

ここに挙げているのは、学生生活を送る中で「障壁」になっているかもしれない困りごとの一例です。
障がい学生支援室では、体や心の「障がい」に限らず、こんな風に何らかの「壁・障壁」に直面して困っている方が、ご自身の力を十分に発揮できるようになるために、必要なサポートを一緒に話し合い検討します。

困りごとは些細なことでも構いません。一人で抱えずに、障がい学生支援室に連絡してみてください。

どこに相談すれば良いの?

まずは障がい学生支援室にご相談ください。

障がい学生支援室

開室時間 月~金 8:45~17:00
場所 光暁館<こうぎょうかん>の2階 (学生課内)
開室時間 メール:sgs-office@po.kbu.ac.jp
電話:0774-25-2497

連絡方法

01

支援室を訪ねる

光暁館2階
学生課の中にあります

ico
02

支援室に電話する

0774-25-2497

ico
03

支援室にメールを送る

sgs-office@po.kbu.ac.jp

ico
連絡先QRコード

支援(合理的配慮)を受けるにはどうすればいいの?

授業や学生生活での合理的配慮については以下のような流れになります。

  1. STEP1

    ico 面談

    障がい学生支援コーディネーターが面談にてお話をお聞きします。
    どんなことに困っているのか、授業でどんな調整を希望するかなどをお伝えください。
    ※この面談が複数回になる場合もあります。できるだけ時間の余裕をもってご相談ください。

    面談方法は、対面・メール・電話・オンラインがあります。話しやすい方法を選んでください。
    ご本人からの相談が難しい場合、ご家族・ご友人・教職員からのご相談も受け付けております。

  2. STEP2

    ico 配慮申請書を提出する

    面談の結果、支援を希望する場合は「配慮申請書」を提出します。 その際、病状や障がいの状態を証明する資料(診断書など)が必要になります。 詳しくは「1」の面談の際にお伝えしますのでご安心ください。

    ※ご相談はどなたからでもお受けしますが、配慮申請書の提出は原則、ご本人にお願いしております。

  3. STEP3

    ico 合理的配慮の内容を
    検討・決定

    障がい学生支援室にて、合理的配慮の内容を検討し「配慮願い」を作成します。
    申請者ご本人に配慮内容の確認をとります。
    その後、障がい学生支援委員会にて配慮願いの内容を審議し、配慮内容を決定します。

  4. STEP4

    ico 科目担当の先生への通知

    委員会での決定を障がい学生支援室より申請者ご本人にお知らせします。 委員会で承認された「配慮願い」はご本人がメールまたはUNIPA(在学生が活用できます) を通じて科目担当の先生方に通知します。
    短期大学の場合は、委員会で承認された「配慮願い」は障がい学生支援委員会より科目担当の先生方に通知します。
    申請者ご本人には、配慮内容の確認のための面談を実施いたします。

    ※心身の不調などで送信できない場合は、お手伝いしますのでお知らせください。

  5. STEP5

    ico 支援の開始

    配慮願いの内容に基づき、科目担当者からの支援が行われます。

    ※配慮開始後も、障がい学生支援室でフォローいたします。いつでもご連絡ください。

  • ※ 支援の開始後も、適宜ご様子を聞かせてください。
  • ※ 配慮願いは学期ごとに提出しますので、継続して支援が必要な方は学期ごとに面談いたします。

学生サポーター募集

サポーターやってみませんか?

本学に在籍するサポートが必要な学生に、同じく学生の立場で色々なお手伝いをする学生サポーターを募集しています。サポート内容や必要な基礎知識を学んでからの活動ですので、初めてでも関心がある方はぜひご協力ください。サポート活動に興味のある方は、障がい学生支援室までご連絡ください。

CONTACT
お問い合わせ

障がい学生支援室
〒611-0041 京都府宇治市槇島町千足80 光暁館2F
TEL/0774-25-2497
mail/sgs-office@po.kbu.ac.jp
開室時間/月~金曜日(8:45~17:00)

※土、日、祝日および夏期・冬期休暇期間等は取り扱いをしていません

広がる可能性へ、飛び込もう。

2024 OPEN CAMPUS
次回
6/16(日)